Home 海外NEWS 『ファインディング・ドリー』世界興行収益が10億ドル突破!

『ファインディング・ドリー』世界興行収益が10億ドル突破!

0

ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』の世界興行収入が10億ドルを突破しました。10億ドル突破はピクサー作品としては『トイ・ストーリー3』(10.670億ドル)に次いで2作目となります。


2016年現時点で10億ドルを突破した作品は『ズートピア』(10.236億ドル)、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(11.533億ドル)に次いで『ファインディング・ドリー』で3作目。いずれもディズニー配給の作品です。

全世界のアニメーション映画としては5作目、アメリカでの歴代アニメーション映画の興行収益は『シュレック2』を抜いて1位となっています。

日本では11月15日(火)より先行デジタル配信開始、11月22日(火)にMovieNEXが発売されます。
公開時は日本語吹き替え版が多く上映されましたが、ぜひ英語版で見てみてください。カリフォルニア海洋生物学水族館での館内放送の担当の声をシガニー・ウィーバーがやっています。これはシガニー・ウィーバーがサンフランシスコにある世界最大の自然史博物館「カリフォルニア科学アカデミー」で実際にナレーションを務めているところからの、パロディとなっています。

またMovieNEXには、ボーナスコンテンツ用オリジナル短編、非常に珍しいCGエラー映像集、メイキングや未公開シーンなど、充実のボーナス映像を多数収録されています。

『ファインディング・ドリー』は、11月15日(火)より先行デジタル配信開始。11月22日(火)MovieNEX新発売です。

さらに11月15日(火)から、対象商品を購入して応募すると、2017年春に東京ディズニーシー®のポートディスカバリーに誕生する、新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」のプレビューに50組100名様を抽選で招待するキャンペーンもスタートします。