Home 海外NEWS 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』米チケット販売サイトでの前売り券がR指定映画としては史上1位に!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』米チケット販売サイトでの前売り券がR指定映画としては史上1位に!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』米チケット販売サイトでの前売り券がR指定映画としては史上1位に!
0

fifty-shades-pre-ticket-sell_00『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の前売り券の売上について、米大手オンライン映画チケット販売サイト「ファンダンゴ」は、これまで扱ったR指定映画としては史上1位の売上を記録したと発表しました。


『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』アメリカでR指定映画に認定!

米大手オンライン映画チケット販売サイト「ファンダンゴ」15年の歴史の中で、1月16日現在、R指定映画のランキングは以下のようになります。

1. 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2014)
2. 『セックス・アンド・ザ・シティ 2』 (2010)
3. 『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』 (2011)
4. 『ハングオーバー!!! 最後の反省会』 (2013)
5. 『ゴーン・ガール』 (2014)

今回の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』はファンダンゴによるとR指定映画では過去最速の売上を達成しているそうで、さらに続編でない映画としては、初動の売上の勢いが2012年の『ハンガー・ゲーム』が持つ記録を超えるものとなっているそうです。

イギリス在住のほぼ素人同然の中年主婦が「トワイライト」のファン・フィクション(同人誌)として、トワイライトのメインキャラを使ったSM官能小説を書いたことから始まった『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は、公開前にここまで現象化しています。

映画が公開された後、この勢いは増すのか?あっという間に終息するのか?
今後、同タイプの女性向けR指定映画のブームが来るのか?など、この映画の成果が今後のキューティー映画に大きく作用しそうです。