Home 海外NEWS 今度もバッチリR指定!『フィフティ・シェイズ・ダーカー』

今度もバッチリR指定!『フィフティ・シェイズ・ダーカー』

今度もバッチリR指定!『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
1

前作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』はR指定映画にも関わらず大ヒットとなりました。続編『フィフティ・シェイズ・ダーカー』もしっかり全米映画協会からR指定に認定されました。


前作で一度は別れたSMカップルのイケメンIT社長クリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)と女子大生アナ(ダコタ・ジョンソン)。しかし2人はあっさり元サヤにおさまり婚約。幸せな2人でしたが、就職したアナにはセクハラ上司(エリック・ジョンソン)、クリスチャンにはストーカーの元カノ(ベラ・ヒースコート)と彼をSM世界に導いた元女王様(キム・ベイシンガー)、とそれぞれに敵が現れ2人を引き裂こうとするというのが今回のお話です。全3部作の2作目にあたります。

監督は『フーズ・ザット・ガール』『ハンニバル』の大ベテラン、ジェームズ・フォーリー。脚本は原作者E L ジェイムズの夫ナイル・レオナルド。

予告編は、公開後24時間までの再生数で『スターウォーズ/フォースの覚醒』を抜いて史上最高となっており、関心の高さは継続しています。
YouTubeなども、どれが本物かわからないくらい、ファンメイドの動画が多数溢れています。そういう点からも、やはりこのシリーズはファンに支えられていることを強く印象付けます。

2015年特大ヒットとなった男女の過激な関係を描く『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編『フィフティ・シェイズ・ダーカー』の予告編第1弾が公開されました。前作で一度は別れたSMカップルのイケメンIT社...

全米公開は2017年2月10日です。前作は日本も含めた世界同時公開でしたが、今回はどうでしょう?
日本での興行成績が思った以上に低く、当時のユニバーサル・ピクチャーズの代表がインタビューでわざわざ言及したほどです。
前作の日本版は同時公開が当初R15+版だったため、あらゆる種類のボカシが見れるある意味貴重なバージョンでした(笑)のちにR18版に切り替わっていますが、今回は最初からR18版で公開してもいいと思います。