Home 海外NEWS 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』続編の監督決定か?

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』続編の監督決定か?

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』続編の監督決定か?
0

fifty-shades-darker-james-foley_00『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』続編『フィフティ・シェイズ・ダーカー』の映画化でずっと懸案となっていた監督がとうとう決まりそうです。マドンナ主演『フーズ・ザット・ガール』のジェームズ・フォーリーです。


今年の2月に公開された『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は4千万ドルの製作費で全世界興収5億7千万ドルの大ヒットを記録。しかし原作者E L ジェイムズの現場介入が問題となり、脚本のケリー・マーセル、監督のサム・テイラー=ジョンソンは降板。大ヒット作の続編で監督・脚本のメインスタッフが両方いなくなるという異常事態に。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』続編制作の問題と原作者の距離感

脚本に関しては、当初E L ジェイムズが自分で書くと主張していたのを、TVのミニシリーズの脚本を数話担当し現在は小説家という経歴で、E Lジェイムズの夫のナイル・レオナルドが執筆することで、原作者の介入を抑えるというウルトラC級のアイディアで問題を回避しています(笑)
しかし監督はずっと決まらないままとなっていました。

スタジオ側は、続編も女性監督を考えていていたようで、19世紀のバイブレーター開発を描いた『ヒステリア』のターニャ・ウェクスラーも候補としてあがっていました。しかしその後、監督選びは女性監督からスタイリッシュにサスペンスが撮れる人に移ったようで、PV出身の『プロフェシー』『U2 3D』マーク・ペリントンなども候補に上がるようになりました。

最終的には、ネットフリックスで配信されエミー賞を受賞したサスペンスドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の各話演出を行っていて、さらに『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のプロデューサーもこのドラマに関わっていたことから、ベテラン男性監督のジェームズ・フォーリーが登用されることになりました。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)


ジェームズ・フォーリーは80年代はマドンナ主演のキューティー映画『フーズ・ザット・ガール』などを監督し、最近ではハル・ベリー主演のサスペンス『パーフェクト・ストレンジャー』を撮っています。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)


続編と3部作の完結編、それぞれの公開日はすでに決定していて『フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー』が2017年2月10日、『フィフティ・シェイズ・オブ・フリード』2018年2月9日となっています。撮影は2016年初頭開始予定です。