Home 海外NEWS エマ・ストーン、ジョン・F・ケネディの妹ローズマリーを演じることに

エマ・ストーン、ジョン・F・ケネディの妹ローズマリーを演じることに

エマ・ストーン、ジョン・F・ケネディの妹ローズマリーを演じることに
0

エマ・ストーンは、ジョン・F・ケネディの妹ローズマリーの伝記映画『A Letter From Rosemary Kennedy』でローズマリーを演じることになりそうです。


ローズマリー・ケネディは、ジョン・F・ケネディを兄に持つケネディー家の3女(長女)として生まれました。しかし彼女は知能に問題があり問題を起こし続けていたので、政治活動に支障をきたすと考えた父と兄の考えで23歳の時にロボトミー手術を施されます。
しかし手術は失敗。後遺症のため、しゃべったり歩いたりすることができないようになってしまい、精神に異常をきたしてしまいます。
彼女はケネディー家のタブーとされ、ずっと施設に匿われ秘密とされてきました。彼女は2005年、86歳で密かにこの世を去っています。

映画ではローズマリーが亡くなる直前から、彼女自身の回想という形で描かれる構成のようです。
脚本は新人のニック・ヤーボロー。今年のアカデミー賞作品賞、脚本賞ほか数々の受賞に輝いた『スポットライト 世紀のスクープ』のプロデューサーに陣が製作に関わっていて、内容から賞レース狙いが予想されます。
当然この難役に挑むエマ・ストーンも賞を狙うと考えられます。