Home 海外NEWS エマ・マッキー「嵐が丘」著者エミリー・ブロンテの伝記映画で主演

エマ・マッキー「嵐が丘」著者エミリー・ブロンテの伝記映画で主演

エマ・マッキー「嵐が丘」著者エミリー・ブロンテの伝記映画で主演
0

「嵐が丘」の著者、エミリー・ブロンテの伝記映画『Emily』に、エマ・マッキー(「セックス・エデュケーション」シリーズ)、ジョー・アルウィン(『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)らが出演します。


「嵐が丘」を書いたエミリー・ブロンテは「ブロンテ姉妹」として、姉、妹と共に有名な女流作家です。姉のシャーロット・ブロンテは「ジェーン・エア」を、妹のアン・ブロンテは「アグネス・グレイ」を執筆しています。
エミリーは「嵐が丘」を出版した翌年、結核で亡くなっていて、非常にシャイな女性だったと言われています。経験無しの想像だけで、「世界の三大悲劇」と後に呼ばれるようになる、複雑な構造を持った壮大な愛憎劇「嵐が丘」を書き上げました。

このエミリー・ブロンテの生涯を、女優のフランシス・オコナーが脚本にしました。さらに彼女は監督も務める予定で、初の監督・脚本作品となります。

エミリー役にはエマ・マッキー。
ジョー・アルウィンはエミリーと対立しつつ、恋愛感情が生じる男性を演じる予定ですが、実際のエミリーは生涯恋愛経験がなかったと言われています。
フィオン・ホワイトヘッド(『ダンケルク』)がエミリーの兄ブランウェル・ブロンテを、エミリー・ビーチャム(「バッドランド~最強の戦士~」シリーズ)が姉のシャーロット・ブロンテを演じます。

撮影は来年初頭にイギリスのヨークシャーでスタートする予定です。