Home 海外NEWS 『小悪魔はなぜモテる?!』スピンオフ企画がスタート

『小悪魔はなぜモテる?!』スピンオフ企画がスタート

『小悪魔はなぜモテる?!』スピンオフ企画がスタート
0

エマ・ストーンの出世作『小悪魔はなぜモテる?!』(2010)のスピンオフ企画が、オリジナル脚本家バート・V・ロイヤルによって始動しました。


『小悪魔はなぜモテる?!』は、友人の男の子の童貞喪失相手を演じてあげたせいで、学校で根も葉もない噂を立てられてしまい村八分にされた主人公が、古典文学「緋文字(ひもんじ)」に自分を重ねて、胸にAの刺繍を入れ、堂々と学校の噂に対峙していく…という学園ものキューティー映画の傑作です。

当時アメリカでは大ヒットを記録し、本作が初主演作だったエマ・ストーンは一気にブレイクしました。共演はアマンダ・バインズ、パトリシア・クラークソン、リサ・クードロー、マルコム・マクダウェル、スタンリー・トゥッチ。
監督はのちに『ステイ・フレンズ』『ANNIE/アニー』を撮るウィル・グルック。

「緋文字」は、17世紀厳格なキリスト教の村で、姦通の罪を犯した後に出産したヒロインが、当時の法律によって姦通を犯した印として胸に緋文字「A」を縫いつけて生きていくことになる…という米作家ナサニエル・ホーソーンの代表作です。
と一見、知性が要求されるように見えますが、『小悪魔はなぜモテる?!』は古典がわからなくても楽しく見れるキューティー映画です。
劇中、おばあちゃんから来た誕生日を祝うメッセージカードから流れるナターシャ・ベディングフィールドの「Pocket Full Of Sunshine」を最初はウゲェと拒否していたものの…というこのシーンのギャグは有名です。

今回、オリジナル脚本家バート・V・ロイヤルが、本作と同じ高校を舞台にしつつ、別の登場人物たちで『小悪魔はなぜモテる?!』と同じテーマを描く脚本を開発中です。バート・V・ロイヤルは本作で初監督も予定しています。

エマ・ストーンらオリジナル版のメインキャストたちはたぶん出ませんが、学校の教師役だったトーマス・ヘイデン・チャーチ、リサ・クードロー、マルコム・マクダウェルらは再登場の可能性があるかもしれません。
今後の進捗状況に注目です。