Home 海外NEWS 日本を舞台にしたミステリー小説「The Earthquake Bird(原作邦題:アースクエイク・バード)」、アリシア・ヴィキャンデル主演でNetflix映画に

日本を舞台にしたミステリー小説「The Earthquake Bird(原作邦題:アースクエイク・バード)」、アリシア・ヴィキャンデル主演でNetflix映画に

日本を舞台にしたミステリー小説「The Earthquake Bird(原作邦題:アースクエイク・バード)」、アリシア・ヴィキャンデル主演でNetflix映画に
4

日本在住のイギリス人女性を描くミステリー小説「The Earthquake Bird(原作邦題:アースクエイク・バード)」が、アリシア・ヴィキャンデル(『トゥームレイダー ファースト・ミッション』)主演でNetflix映画として制作されます。


ルーシーはイギリスから日本に来て10年。翻訳の仕事をしてカメラマンの日本人の彼もいます。ある日、ルーシーの知り合いのイギリス人女性リリーの死体が東京湾で発見され、ルーシーは容疑者になる…というお話です。

スザンナ・ジョーンズが2001年に出版した同名小説が原作です。以前は「アースクエイク・バード」の邦題で日本でも出版されていましたが、現在は絶版となっているようです。今回の映像化を機に再度出版されることを望みます。

アースクエイク・バード (ハヤカワ・ノヴェルズ)

アースクエイク・バード (ハヤカワ・ノヴェルズ)書籍

作者スザンナ ジョーンズ

クリエーターSusanna Jones, 阿尾 正子

発行早川書房

発売日2001-12

カテゴリー単行本

ページ数227

ISBN4152083840

Supported by amazon Product Advertising API



原作は、英国推理作家協会賞 最優秀新人賞を受賞しています。しかし原作の評の多くに「ミステリーと言うよりは…」という言葉がついているように、本作の主題はミステリーというより「外国(日本)で暮らす女性の心理」を描いた作品です。原作者のスザンナ・ジョーンズ自身が日本に3度の滞在経験があるので、日本に住む外国人の心境や日本の印象などに説得力があります。

出演者と配役は公表されていませんが、ライリー・キーオ(『ラブソングに乾杯』『ランナウェイズ』)が共演するので、アリシア・ヴィキャンデルが主人公のルーシー役、ライリー・キーオがリリー役でしょうか。

監督・脚本は『アリスのままで』ワッシュ・ウェストモアランド。
本作は元々アマゾン・スタジオで映像化を企画していたものです。最終的にはNetflixで製作・配信されることになりました。
5月から物語の舞台となる東京と佐渡ヶ島で撮影が開始されます。