Home 海外NEWS ベラ・ソーン、YA小説原作のヴァンパイア+学園モノTV映画でプロデューサーとして参加

ベラ・ソーン、YA小説原作のヴァンパイア+学園モノTV映画でプロデューサーとして参加

ベラ・ソーン、YA小説原作のヴァンパイア+学園モノTV映画でプロデューサーとして参加
0

バイセクシャルであることを公表したベラ・ソーンが、男の子に恋をしたヴァンパイアのヒロインを描く、米ケーブル局Lifetimeの学園モノTV映画『Drink, Slay, Love』でプロデューサーとして参加します。


『Drink, Slay, Love』は16歳のティーンエイジャー・ヴァンパイアのヒロインが、ある日、日中でも活動できるようになります。そして彼女の家族のもとにヒロインの特殊能力を知ったヴァンパイアの王がやってきて、彼女は生け贄の人間を差し出すため高校に通うことになります。しかし、彼女は同級生の男の子に恋をしてしまう…というお話です。

サラ・べス・ダーストが2011年に出版した同名YA小説が原作です。

Drink, Slay, Love (English Edition)

価格¥1,057

Durst, Sarah Beth

発行Margaret K. McElderry Books

発売日11.09.13

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


ヒロインにシエラ・ラミレス、相手役の男の子にの他、グレッグ・サルキン、ザック・ペラドー、マッケイリー・ミラー、アンジェリーク・リベラ、サラ・デジャルダン、ジャスミン・スカイ・サリンといった、学園モノらしく若手俳優が大挙して参加しています。
演出は女優としても活躍するヴァネッサ・パライズ。

今回ベラ・ソーンがプロデューサーとして参加したのは、2015年にLifetimeで放送したベラ・ソーン主演、若者の薬物依存を描いたTV映画『Perfect High』と同じチームだからです。

ベラ・ソーンが出演するかは不明ですが、すでに撮影は進められており、2017年に放送予定です。