1. Home
  2. 海外NEWS
  3. ディズニーの新配信サービス、正式名称は「ディズニー+」に。新たなラインナップも

ディズニーの新配信サービス、正式名称は「ディズニー+」に。新たなラインナップも

ディズニーの新配信サービス、正式名称は「ディズニー+」に。新たなラインナップも
0

2019年後半からサービスが開始されるディズニーの新配信サービスの名称が正式に「ディズニー+」と発表されました。ラインナップはスター・ウォーズ、マーベル、ピクサーなどの有名作品やキャラクターを使ったもの、そしてキューティー映画&ドラマです。


以前ディズニーの配信サービス名は「ディズニー・プレイ(Disney Play)」になったと報じられましたが、「ディズニー+」と正式にアナウンスされました。

2019年からスタートする、ディズニーによる配信サービスの名称がわかりました。ディズニーが2019年秋からスタートするストリーミング・サービスの名称は「ディズニー・プレイ(Disney Play)」注:後日、別の名称が公式に発表されています。その記事はこちらです。ファミリー層をターゲットにして、オリジナル作品のラインナップはキューティー映画中心です。既存の作品は、ディズニー、ピクサー、ルーカスフィルム、マーベル、最近買収したFOX(サーチライト作品含む)に、テレビ関係だとディズニー・チャンネル、ABC、フリーフォーム...

ラインナップは、過去にお伝えしているものに加えて
ザック・エフロン、ヴァネッサ・ハジェンズ、アシュレイ・ティスデイルらを輩出した「ハイスクール・ミュージカル」シリーズに、新たにドラマシリーズが加わります。来年スタートのディズニーの配信サービス「Disney Play」で配信されます。その全貌が発表されました。2006年、ディズニー・チャンネル・ムービーとして放送された「ハイスクール・ミュージカル」。続編「ハイスクール・ミュージカル2」も大ヒットし若者向けミュージカル映画の復活をうながし社会現象となります。3作目はザック・エフロン、ヴァネッサ・ハジェンズ、アシ...

ディズニーの新配信サービスで公開される、人気歌手グレース・ヴァンダーウォール出演の人気YA小説の映画化『スターガール』。その主役にグラハム・ヴェルシェール(Graham Verchere)が選ばれました。『スターガール』は、転校してきた風変わりな女の子”スターガール”に恋をしてしまったレオの視点でお話が描かれます。奇抜なファッションで雨の中踊ったり、ウクレレを鳴らしたりする”スターガール”は学校の注目の的。フットボールの試合で目立ったことからチアガールに抜擢されるとチームは勝ち続けて彼女は人気者になります。しかし...

ディズニーが2019年からスタートする新しい配信サービスのために制作する、実写版『わんわん物語』、ヒロインのコッカー・スパニエルのレディの声をテッサ・トンプソンが務めることがわかりました。コッカー・スパニエルのレディと野良犬のトランプのロマンスを中心に、犬と人間たちを描く『わんわん物語』(1955)を実写化します。コッカー・スパニエルのレディの声をテッサ・トンプソン、野良犬のトランプの声をジャスティン・セロー、スコティッシュ・テリアのジャッキー(オリジナルでは老犬ジャック)の声をアシュレー・ジェンセン...

アナ・ケンドリック主演、サンタの娘が父に代わってクリスマスに奮闘する『Nicole』のタイトルが『Noelle』に変更となりました。全米での劇場公開日も2019年11月に決定しています。父親であるサンタクロースが引退し、不甲斐ない兄(ビル・ヘイダー)の代わりに、父親の跡を継いでクリスマスイブに駆け回ることになった娘(アナ・ケンドリック)の活躍を描くお話です。ジュリー・ハガティ、シャーリー・マクレーンビリー・アイクナーらが出演。監督・脚本は『デンジャラス・ビューティー』『トゥー・ウィークス・ノーティス』『ラブソ...

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ シーズン7

2008年から続く、「スター・ウォーズ」の3DCGテレビアニメシリーズ最新シーズン。

The Mandalorian

スター・ウォーズ6と7の間の時代で賞金稼ぎの主人公を描く。ジョン・ファヴロー総指揮、ブライス・ダラス・ハワード、デイブ・フィローニ(「スター・ウォーズ 反乱者たち」)、デボラ・チョー(「ジェシカ・ジョーンズ」)、リック・ファムイーワ(『DOPE/ドープ!!』)、タイカ・ワイティティ(『マイティ・ソー/バトルロイヤル』が演出を担当。

タイトル未定(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』前日譚)

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場した反乱軍のスパイ、キャシアン・アンドー(ディエド・ルナ)を主人公にした前日譚を描くシリーズ。

タイトル未定(ソーの弟ロキが主役)

『マイティ・ソー』シリーズの人気キャラクター、ロキ(トム・ヒドルストン)を主役にしたドラマシリーズ。

ハイ・フィデリティ

ジョン・キューザック主演、シカゴで小さな中古レコードを営むロックオタクを描いた2000年公開映画を、今度は女性主人公の視点で新たにドラマとして展開。オリジナル版の脚本チームの1人だったスコット・ローゼンバーグが脚本を担当。ヒロインをゾーイ・クラヴィッツ。

などが加わっています。「ディズニー+」はメインターゲットをファミリー向け、女性向けとしています。『マイティ・ソー』のロキの主演ドラマシリーズは腐女子対応でしょうか?(笑)

公式サイトの日本語版もあります。現在はまだ何の情報もありません。

Disney+の最新情報配信サービス: ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズをはじめとする映画やショーの究極のストリーミング配信エリア