Home 海外NEWS 「女性版インディ・ジョーンズ」と呼ばれるコミックシリーズをディズニーが実写映画化か?

「女性版インディ・ジョーンズ」と呼ばれるコミックシリーズをディズニーが実写映画化か?

「女性版インディ・ジョーンズ」と呼ばれるコミックシリーズをディズニーが実写映画化か?
0

delilah-dirk-disney-develop_00ディズニーが、19世紀を舞台にヒロインが世界を股にかけて活躍する冒険コミック「Delilah Dirk and the Turkish Lieutenant」の実写映画化を企画しています。


「Delilah Dirk and the Turkish Lieutenant」は、19世紀を舞台に世界中を旅しているヒロイン、デリラ・ダークがトルコでお宝を巡って悪者と戦う「女性版インディ・ジョーンズ」のような冒険活劇です。

元々は女性作家トニー・クリフによってネットで発表されたwebコミック(グラフィックノベル)でした。2013年に書籍化され児童書としてはベストセラーとなります。その後「デリラ・ダーク・シリーズ」として続刊やスピンアウトものが発表されています。

ディズニーはルーカス・フィルムを買収し『スター・ウォーズ』と『インディ・ジョーンズ』という大人気シリーズを手に入れました。

『インディ・ジョーンズ』はすでにVシリーズで若い頃を描いています。第4作目『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』で息子役として、当時『トランスフォーマー』などで若手俳優としては有望だったシャイア・ラブーフを起用しバトンタッチを試みますが、シャイア・ラブーフがスキャンダルで失墜。
今後の映画化の際は、新たなインディ役を設定するのではなくハリソン・フォード主演で進めることを監督のスティーブン・スピルバーグが明言しています。そうなると、70歳を超えたハリソン・フォードで、人気シリーズを今後も継続するのは現実的に困難です。

ディズニーとしては『インディ・ジョーンズ』の後継シリーズを育てたいはずです。しかも主人公が女性の冒険活劇はディズニーが今、最も望んでいる企画です。そこで今回、原作書籍としてはヒットしていて「女性版インディ・ジョーンズ」と呼ばれるデリラ・ダーク・シリーズが選ばれたということだと思います。

こちらがデリラ・ダーク・シリーズの公式サイトです。
https://www.delilahdirk.com/

公式サイトでは書籍の一部をネット上で無料公開しています。
冒頭、デリラ・ダークが日本で剣の修業をしている画があるのですが、これが海外にありがちな、まんま中国。
delilah-dirk-disney-develop_01これがそのカットです。しかも僧侶はゲイカップルのような描写…
日本の描写でこれですから、トルコの描写も相当いい加減ではないかと推測されます。
この辺り、近年無知による差別に厳しく多様性を重視するアメリカやディズニーならちゃんと描写してもらいたいものです。