1. Home
  2. 海外NEWS
  3. エマ・ストーンが『101匹わんちゃん』の悪役クルエラを演じる『Cruella』の監督が交代

エマ・ストーンが『101匹わんちゃん』の悪役クルエラを演じる『Cruella』の監督が交代

エマ・ストーンが『101匹わんちゃん』の悪役クルエラを演じる『Cruella』の監督が交代
0

『101匹わんちゃん』の悪役クルエラ・ド・ヴィルをエマ・ストーンが演じるディズニーの実写映画企画『Cruella』の監督に『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のクレイグ・ギレスピーが選ばれたようです。


『Cruella』の監督は、『ムーラン・ルージュ』『ロッキー』の舞台ミュージカルの演出家アレックス・ティンバースが選ばれていました。

ディズニーによる『101匹わんちゃん』の悪役クルエラ・ド・ヴィルをエマ・ストーンが演じる『Cruella』の監督が決定しました。ミュージカルの演出家アレックス・ティンバースです。1961年公開のアニメ映画『101匹わんちゃん』でダルメシアンの子犬たちの毛皮で特製コートを作ろうとする悪役クルエラ・ド・ヴィルは、ジョン・ヒューズの脚本・プロディースで1996年に実写版『101』としてリメイクされ、2000年には続編『102』が公開されています。その時のクルエラはグレン・クローズが演じていました。今回の実写化企画の脚本は『フィフ...

しかしアレックス・ティンバースは『ビートルジュース』のミュージカル版や『ムーラン・ルージュ』のミュージカル版の準備で忙しく、来年の7月までスケジュールが空きません。
来年早々に制作をスタートさせたいディズニーとしては、監督交代を余儀なくせざるを得なくなりました。そしてマーゴット・ロビーが実在したスケーターを演じた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』監督のクレイグ・ギレスピーに変更となりました。

シニカルでリアリティある世界観でのコメディを得意とするクレイグ・ギレスピーが、エマ・ストーン演じるファッションデザイナーとして活躍している若かりし頃のクルエラ・ド・ヴィルをミュージカル映画でどう描くのか楽しみです。

脚本は『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』『ウォルト・ディズニーの約束』のケリー・マーセルから、現在は『007 スペクター』ジェズ・バターワースにバトンタッチされています。

『フォーチュン・クッキー』のプロデューサー、アンドリュー・ガンと、『ラ・ラ・ランド』から『キューティ・ブロンド』までプロデュースしているベテラン・プロデューサーのマーク・プラットのプロデュースチームですから、キューティー映画としては安心です。急ピッチで制作がスタートするものと思われます。