Home 海外NEWS 変わり者の天才少女の成長を描く児童書「Counting By 7s」クヮヴェンジャネ・ウォレス主演で映画化

変わり者の天才少女の成長を描く児童書「Counting By 7s」クヮヴェンジャネ・ウォレス主演で映画化

変わり者の天才少女の成長を描く児童書「Counting By 7s」クヮヴェンジャネ・ウォレス主演で映画化
2

counting-by-7s-quvenzhane-wallis_00『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』でアカデミー賞主演女優賞に最年少でノミネートされ、全米で今年のクリスマスに公開されるミュージカル映画『アニー』(日本公開は2015年1月)で主役を演じるクヮヴェンジャネ・ウォレスが、人気児童書「Counting By 7s」の映画化で主役を演じることになりました。


「Counting By 7s」は12歳の”7″という数字にこだわる変わり者の天才少女が、養親を交通事故で亡くして、いきなり世間に放り出されてしまいます。他人との関わりが苦手な彼女はそこから様々な経験をし、困難を乗り越え成長していく…というお話です。

原作の著者は『メイド・イン・アメリカ 』『エンジェルス』などの脚本をてがけていたホリー・ゴールドバーグ・スローン。彼女は近年、児童文学やYA小説を手がけていて、2013年に出版したのが本作の原作となります。

Counting by 7s (English Edition) Kindleストア

価格¥800

順位164,251位

Sloan, Holly Goldberg

発行Puffin Books

発売日13.08.29

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

現在、監督、脚本はまだ公表されていませんが、今子役では一番人気があるクヮヴェンジャネ・ウォレスが主演に決定したことで、製作が早くに実現すると思われます。