Home 海外NEWS エマ・ワトソン主演、恋人を探してカルト集団に潜入するヒロインを描く『Colonia』予告編

エマ・ワトソン主演、恋人を探してカルト集団に潜入するヒロインを描く『Colonia』予告編

エマ・ワトソン主演、恋人を探してカルト集団に潜入するヒロインを描く『Colonia』予告編
0

colonia-trailer_00エマ・ワトソン、ダニエル・ブリュール共演、チリに実際あるカルト集団の地に恋人を探して潜入するヒロインを描く『Colonia』の予告編が公開されました。


『Colonia』は1973年のチリが舞台。若いカップルの彼氏(ダニエル・ブリュール)が騒乱に巻き込まれ、時の独裁者アウグスト・ピノチェ大統領の秘密警察に拉致されてしまいます。ヒロイン(エマ・ワトソン)は恋人が監禁されている場所が、周囲から閉ざされた「コロニア・ディグニダ(尊厳のコロニー)」だと知り潜入するが…という実話をもとにしたお話です。

「コロニア・ディグニダ(尊厳のコロニー)」は元ナチスのパウル・シェーファーを中心にドイツ人移民が住むコロニーでしたが、その実態はカルト集団で、厳しい規律で住民たちの自由を奪い統制、子どもたちに対しての性的虐待を行っていました。周囲を壁や有刺鉄線で囲い、1度入ると出ることが許されない恐ろしい施設で、その秘密主義を利用し大量の武器を隠し持ち、さらにアウグスト・ピノチェはそこを秘密警察の拷問・監禁場所として利用していました。
後に少年への性的虐待など複数の事件でパウル・シェーファーは起訴されますが逃亡。8年近く身を隠しますが、最終的にはアルゼンチンで発見され逮捕。刑務所の中で生涯を終えました。

そのパウル・シェーファー役にミカエル・ニクヴィスト。

エマ・ワトソンは『ハリー・ポッター』以降さまざまな役にチャレンジしていますが、いずれもメインキャラクターが他にもいて、単独主演とまではいきませんでした。今回の作品では単独主演となります。彼女には現在撮影中の『美女と野獣』実写版が控えていますがここ最近の数作は作品選びに失敗してる感があります。本作はどうでしょうか?

トロント国際映画祭でプレミア上映されましたが、全米公開は未定です。