Home 海外NEWS クリス・パイン&ググ・バサ=ロー、ディズニー映画『A Wrinkle In Time』でヒロインの両親役

クリス・パイン&ググ・バサ=ロー、ディズニー映画『A Wrinkle In Time』でヒロインの両親役

クリス・パイン&ググ・バサ=ロー、ディズニー映画『A Wrinkle In Time』でヒロインの両親役
0

ディズニー製作、監督『グローリー/明日への行進』エイヴァ・デュヴァーネイ、脚本『アナと雪の女王』ジェニファー・リーによる古典児童文学の映画化『A Wrinkle In Time(原作邦題:五次元世界のぼうけん/(時間と空間の冒険 I)惑星カマゾツ)』で、クリス・パインとググ・バサ=ローがヒロインの両親役を演じるます。


『A Wrinkle In Time(原作邦題:五次元世界のぼうけん/(時間と空間の冒険 I)惑星カマゾツ)』は、時空の彼方に姿を消えてしまった父親を探すため、何のとりえもない落ちこぼれヒロインが、人の心を読める力を持つ弟と特殊能力を持つ男の子の3人で、時空を超えた冒険の旅に出るというお話です。

女流小説家マデレイン・レングルによって1962年に出版された同名児童文学が原作で、日本では2つの出版社からそれぞれ「五次元世界のぼうけん」「(時間と空間の冒険 I)惑星カマゾツ」という2つの邦題で出版されています。
(毎回紹介するたびに併記していますが、そろそろどちらかの邦題に統一したいところです。)

13歳のストーム・リードがヒロインを演じ、彼女を見守る3人の女性科学者たちをリース・ウィザースプーン、ミンディ・カリング、オプラ・ウィンフリーが出演します。

クリス・パインが演じる次元の彼方に消えてしまったヒロインの父親は、お話の核となるとなるものです。そしてググ・バサ=ローはその妻であり、ヒロインの母親を演じます。
撮影はこの秋からスタートします。