Home 海外NEWS 中国キューティー映画『北京ロマンinシアトル』の続編が大ヒットスタート

中国キューティー映画『北京ロマンinシアトル』の続編が大ヒットスタート

中国キューティー映画『北京ロマンinシアトル』の続編が大ヒットスタート
0

china-book-of-love-hit_002013年に大ヒットした中国のキューティー映画『北京ロマンinシアトル(原題:北京遇上西雅図、英題:Finding Mr.Right)』の続編が、中国で『ジャングル・ブック』を抜いて興行成績1位になりました。


2013年に大ヒットした『北京ロマンinシアトル』は、当時中国で急増していた中国人女性の海外出産を題材に、愛人の子を産むため1人シアトルに来たわがままなヒロインを中心にした、コミカルで感動する王道キューティー映画です。成長するヒロインが観客の共感を呼び大ヒットを記録しました。

出演はタン・ウエイ(湯唯)、ウー・ショウポー(呉秀波)。監督は『北京ヴァイオリン』で脚本を担当していた『海洋天堂』の女流監督シュエ・シャオルー。
日本では2013の東京/沖縄・中国映画週間というイベントで上映されただけで、ソフト化もされていません。ぜひ、普通にいつでも見れるようになってほしい作品です。

続編タイトルは原題が『北京遇上西雅图之不二情书』。英題が『Book of Love』となっています。ここでは『北京ロマンinシアトル 2』とします。
制作・出演ともに同じメンバーで作られた『北京ロマンinシアトル 2』は前作と同じキャストで、全く別のお話です。
ラスベガスとマカオと、それぞれ離れた場所にいる男女が、手紙を介してお互いを励まし語り合い、そして出会うというお話のようです。
前作と打って変わってしっとりした大人の雰囲気漂う感じの映画に仕上がっています。

予告編を見る限り『めぐり逢えたら』と『ユー・ガット・メール』、共にノーラ・エフロン監督作品をリスペクトしているように思えるのですが…ぜひ本編が見たいものです。

この『北京ロマンinシアトル 2』は4月29日に中国で公開され、2週連続興行成績1位だった『ジャングル・ブック』を抜いて1位となりました。中国での公開3週目となる『ジャングル・ブック』は下落率30%と、大して客足が落ちていません。『北京ロマンinシアトル 2』がそれ以上のロケットスタートを切ったということです。