Home 海外NEWS ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラーで50年代の女性同士の愛を描く『Carol』予告編

ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラーで50年代の女性同士の愛を描く『Carol』予告編

ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラーで50年代の女性同士の愛を描く『Carol』予告編
0

carol-trailer_00ルーニー・マーラー&ケイト・ブランシェット共演、パトリシア・ハイスミス原作の50年代を舞台に同性愛を描く『Carol』の予告編が公開されました。


『Carol』は50年代のNYを舞台に、結婚生活に行き詰まった上流階級の夫人とデパートの若い女性店員との同性愛を描いたお話です。
「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」の原作者として有名な女流作家パトリシア・ハイスミスが1950年代にクレア・モーガン名義で発表した小説が原作です。

『ベルベット・ゴールドマイン』『アイム・ノット・ゼア』のトッド・ヘインズが監督をし、今年のカンヌ映画祭でプレミア上映されました。その時に本編映像からのクリップはいくつか公開されていましたが、予告編としては今回が初です。

ルーニー・マーラー&ケイト・ブランシェットで同性愛を描く『Carol』映像

こちらはカンヌ映画祭での写真ですが、恐ろしく絵になる2人ですね。
carol-trailer_01
carol-trailer_02
『Carol』は11月20日、全米公開です。