Home 海外NEWS 『バンブルビー』より、ギャグシーンが公開

『バンブルビー』より、ギャグシーンが公開

『バンブルビー』より、ギャグシーンが公開
0

ヘイリー・スタインフェルド主演、トランスフォーマー外伝『バンブルビー』より、コミカルなシーンの映像が公開されました。これは映画館で受けそうです。


1987年、カリフォルニアの海沿いの小さな街で、車いじりが得意な18歳のチャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)は、廃墟に放置されていた壊れた黄色いフォルクスワーゲンを見つけ修理します。そのフォルクスワーゲンこそ、戦いで傷ついていたバンブルビーだった…というお話です。

ホルヘ・レンデボルグ・Jr、ジェイソン・ドラッカー、レイチェル・クロウ、リカルド・オヨス、アビー・クイン、グレイシー・ドジーニー、パメラ・アドロン、ジョン・シナ、ステファン・シュナイダー、ケネス・チョイらが出演。
監督は『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』トラヴィス・ナイト。初の実写映画監督作となります。脚本はクリスティーナ・ハドソン。

世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。そのシリーズ最新作で、初の外伝となる『バンブルビー』のに本公開が2019年春に決定。日本語版特報とティザービジュアルが公開されました。1987年、カリフォルニ...

今回公開された本編映像は、ヘイリー・スタインフェルドとジョージ・レンデボーグ・Jrが、いじめっ子のグレイシー・ドジーニーの家でいたずらをするというもの。お約束の「トイレットペーパー」と「卵」のいたずらをバンブルビーに指南するものの…といった内容で、かなり面白いです。これは映画館で相当受けるんじゃないでしょうか?そしてバンブルビーがかわいいです。

トラヴィス・ナイトの演出は、古き良き「80年代」を舞台となる時代設定はもちろんのこと、80年代のアニメでのトランスフォーマーっぽいコミカルさ、そして劇伴の使い方で表現しています。劇伴はほんと素晴らしいです。

80年代の映画のように、映像に寄り添ったメロディーが笑いを誘っています。音楽は『パディントン2』『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』『食べて、祈って、恋をして』のダリオ・マリアネッリ。

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の演出は個人的にかなりダメな部類のものでした(映像演出は良かったけど全体はかなり稚拙でした)。アメリカでは12月8日に先行公開が行われましたが評判が良かったようですから、今回は期待したいと思います。

全米公開は2018年12月21日、日本公開は2019年3月22日です。