Home 海外NEWS 50年代アイルランドからアメリカに出稼ぎにきた少女をシアーシャ・ローナンが演じる『Brooklyn』予告編

50年代アイルランドからアメリカに出稼ぎにきた少女をシアーシャ・ローナンが演じる『Brooklyn』予告編

50年代アイルランドからアメリカに出稼ぎにきた少女をシアーシャ・ローナンが演じる『Brooklyn』予告編
0

brooklyn-trailer_00シアーシャ・ローナンが50年代にアイルランドからアメリカに出稼ぎにきた少女を演じる、話題の『Brooklyn』の予告編が公開されました。映画全体の雰囲気が素晴らしいです。傑作キューティー映画の予感がします。


原作はコルム・トビーンの小説「ブルックリン」です。

ブルックリン (エクス・リブリス)

価格¥4,740

順位123,940位

コルム トビーン

翻訳栩木 伸明

発行白水社

発売日12.06.02

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


1950年代、アイルランドの田舎からアメリカに移住し、デパートの店員をしながらブルックリンで生活するヒロインの物語。イタリア系の若者と出会い恋をしますが、仲の良かった姉の死をきっかけにアイルランドに一時帰国することになります。そこで彼女は地元の青年と出会う…というお話です。

他にエモリー・コーエン、ドーナル・グリーソン、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベントらが出演します。

監督は『ダブリン上等!』『Boy A』のジョン・クローリー。脚本はイギリスの小説家でもあるニック・ホーンビィ。『2番目のキス』のオリジナル版『ぼくのプレミアライフ フィーバーピッチ』の原作者であり、『17歳の肖像』『わたしに会うまでの1600キロ』の脚本も手がけています。

予告編が素晴らしい出来です。古き良きアメリカと、外国から来てホームシックになりながらも頑張る少女という組み合わせ、それを若手演技派のシアーシャ・ローナンが演じる…もう感動間違いなしでしょう。本作は今年のサンダンス映画祭でプレミア上映され、非常に好評を博しました。

シアーシャ・ローナンがイタリア系の彼氏の家に呼ばれたため、一緒に住む同郷の仲間からスパゲティの食べ方指南を受けるなど、可愛らしいキューティー映画らしいシーンもたくさんあります。

『Brooklyn』は11月6日から全米で限定公開されます。公開時期的にアカデミー賞を狙っていますね。それに値する映画だと思います。とても楽しみです。ポスターも素晴らしい構図ですね。
brooklyn-trailer_01

こちらは国際版の予告編です。アメリカ版が昔の移民たちの生活感を強く打ち出しているのに対し、国際版はより物語全体を知らせる構成になっています。ヒロインの姉への手紙で物語が進み、アメリカとアイルランド、それぞれヒロインと関わる2人の男性との交流もわかる構成になっています。