Home 海外NEWS ディズニー「ジャックと豆の木」映画化「ブレイキング・バッド」のヴィンス・ギリガンが監督に

ディズニー「ジャックと豆の木」映画化「ブレイキング・バッド」のヴィンス・ギリガンが監督に

ディズニー「ジャックと豆の木」映画化「ブレイキング・バッド」のヴィンス・ギリガンが監督に
0

breaking-bad-jack-beanstalk_00ディズニーは「ジャックと豆の木」の実写映画化を企画していますが、その監督に人気テレビドラマ「ブレイキング・バッド」を手がけたヴィンス・ギリガンを起用します。


「ジャックと豆の木」の実写映画化では、ワーナーで2013年ブライアン・シンガー監督作『ジャックと天空の巨人』が公開されています。
今回はディズニーによる実写映画企画です。ディズニーで「ジャックと豆の木」といえば、ミュージカル大作『イントゥ・ザ・ウッズ』でも登場していました。
さかのぼると、1947年に公開されたミッキーマウス主演のアニメ映画『ファン・アンド・ファンシーフリー』(「ミッキーと豆の木」、「ミッキーのジャックと豆の木」と改題)でこの題材をアニメ化しています。

AWS Access Key ID: AKIAJ4DRULXXDBTKPFRQ. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.


ディズニーが最近進めているフェアリーテイル・アニメの実写企画とは若干異なりますが、一応そのカテゴリーに入るのでしょうか?

それを、癌に冒された高校教師がドラッグ製造をはじめる…というハードな内容で大人気となった「ブレイキング・バッド」のヴィンス・ギリガンが映像化します。彼は脚本家としてのキャリアの方が有名です。
では監督・脚本で関わるかと思いきや、今回彼は監督業に専念するようで、脚本は「ブレイキング・バッド」など常にヴィンス・ギリガンと共に製作・脚本を担当してきたトーマス・シュノーズが担当する予定です。
ヴィンス・ギリガンにとって初の劇場監督作品となります。

ヴィンス・ギリガンによる「ジャックと豆の木」ということで、当然ハードな内容をイメージします。
しかしディズニーで作るということで、それがハードな内容となるのか、意外にもディズニーテイストのファミリー向けになるのか、まさかの「ミッキーと豆の木」実写化になるのか(それはない)、いずれにせよどういう形で映像になるのか注目です。