1. Home
  2. 海外NEWS
  3. クイーンのフレディー・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』全米公開日が前倒しに

クイーンのフレディー・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』全米公開日が前倒しに

クイーンのフレディー・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』全米公開日が前倒しに
0

FOX製作・配給、クイーンのボーカルだったフレディー・マーキュリーをラミ・マレックが演じる伝記映画『Bohemian Rhapsody』の全米公開日が当初の予定より前倒しになりました。


『Bohemian Rhapsody』はフレディ・マーキュリーを中心に、クイーンが結成された1970年から、1985年に行われたライブ・エイドでの伝説的な復活パフォーマンスまでを描きます。

フレディ・マーキュリー役にラミ・マレック、クイーンのメンバーはベース:ジョン・ディーコン役にジョゼフ・マゼロ、ドラム:ロジャー・テイラー役にベン・ハーディ、ギター:ブライアン・メイ役にグウィリム・リー。
生涯の親友メアリー・オースティン役にルーシー・ボーイントン、同性愛者の恋人ジム・ハットン役をアーロン・マカスカーなどが出演します。

脚本に『博士と彼女のセオリー』アンソニー・マッカーテン。音楽プロデューサーには現クイーンメンバーである、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが参加しています。

監督は当初ブライアン・シンガーでしたが、撮影終了2週間前に解雇されました。詳細は不明ですが、以前から問題になっていた彼の威圧的な態度や行動によるものと思われます。そのため急遽『サンシャイン/歌声が響く街』の監督を務めたデクスター・フレッチャーに変更となりました。撮影はすでに終了しています。

監督のブライアン・シンガーを解雇した、FOX製作のフレディー・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』は、新たな監督として、ベテラン俳優でありミュージカル『サンシャイン/歌声が響く街』の監督を務めたデクスター・フレッチャーを迎えることになりました。『Bohemian Rhapsody』はフレディ・マーキュリーを中心に、クイーンが結成された1970年から、1985年に行われたライブ・エイドでの伝説的な復活パフォーマンスまでを描きます。全米公開日は配給のFOXにより2018年12月25日に設定されており、撮影は残り2週間のところまでき...

全米公開日は当初2018年12月25日に設定されていましたが、監督交代もあり公開日が伸びるかと思いきや、逆に前倒しで2018年11月2日の公開となりました。
(しかし撮影風景でのラミ・マレックのフレディ・マーキュリー姿がひげダンス(古っ!)の仮装にしか見えず、すごく不安を覚えるのですが…大丈夫なんでしょうか?)