1. Home
  2. 海外NEWS
  3. フレディー・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』新しい監督決定!

フレディー・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』新しい監督決定!

フレディー・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』新しい監督決定!
0

監督のブライアン・シンガーを解雇した、FOX製作のフレディー・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』は、新たな監督として、ベテラン俳優でありミュージカル『サンシャイン/歌声が響く街』の監督を務めたデクスター・フレッチャーを迎えることになりました。


『Bohemian Rhapsody』はフレディ・マーキュリーを中心に、クイーンが結成された1970年から、1985年に行われたライブ・エイドでの伝説的な復活パフォーマンスまでを描きます。

全米公開日は配給のFOXにより2018年12月25日に設定されており、撮影は残り2週間のところまできていたところで、ブライアン・シンガー監督が現場に現れなくなり制作が一時中断していました。12月1日にFOXはブライアン・シンガー監督の解雇を発表しました。

2018年12月公開予定の、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーを描く、ラミ・マレック主演『Bohemian Rhapsody』の監督ブライアン・シンガーが解雇されました。『Bohemian Rhapsody』はフレディ・マーキュリーを中心に、クイーンが結成された1970年から、1985年に行われたライブ・エイドでの伝説的な復活パフォーマンスまでを描きます。全米公開日は配給のFOXにより2018年12月25日に設定されており、撮影は残り2週間のところまできていました。しかしブライアン・シンガー監督が原因で制作が一時中断していました。制作中断の理...

ブライアン・シンガー自身はすぐに「家族の病気とそれに影響された自身の体調不良」とコメントを発表していますが、FOX内にあったブライアン・シンガーの企画会社を10月に契約更新をせずに閉鎖していたり、全米監督協会にブライアン・シンガーの監視を依頼したり、FOXは以前からブライアン・シンガーのプロとは思えないわがまなな行動を問題視していました。(ブライアン・シンガー解雇は、FOXによるセクハラ疑惑の回避だという意見も少なからずあります。)

今回監督に抜擢されたデクスター・フレッチャーはイギリス出身のベテラン俳優で、最近は監督業に進出。今回で4本目となります。2本目の『サンシャイン/歌声が響く街』でスコットランドのバンド、プロクレイマーズの楽曲を使ったミュージカル映画を、最新作である3本目の『イーグル・ジャンプ』で、1988年カルガリーオリンピックにて英国初のスキージャンパーになった人物を描いた作品を撮っています。実録物で音楽を扱う『Bohemian Rhapsody』には最適な選択です。

また、ブライアン・シンガー不在時の撮影は撮影監督のニュートン・トーマス・サイジェルが監督を代行していたそうですから、編集作業の際、映像のルックも含めて彼が大きな役割を占めるものと思われます。
今後、当初予定されていた2週間の撮影を終了し、編集作業と追加撮影が行われる予定です。公開日2018年12月25日はそのままです。