Home 海外NEWS 『Blended』予告編第2弾の音楽演出が面白い!

『Blended』予告編第2弾の音楽演出が面白い!

『Blended』予告編第2弾の音楽演出が面白い!
0

blended-trailer-2_00全米で5月23日公開の、ドリュー・バリモア&アダム・サンドラーのキューティー映画黄金カップル映画『Blended』の予告編第2弾が公開されました。この予告編に面白シーンが多数入っていて、期待度UPです!


『Blended』は、共に子供を持つシングルの親同士がデートしたものの最悪。そんな2人が、家族を伴って旅行にきたアフリカで偶然出会い…というお話です。

アダム・サンドラーの子供は全員女の子という設定で、その末っ子役がアリヴィア・アリン・リンド。彼女は「デスパレートな妻たち S6」に出演していたバーバラ・アリン・ウッズの娘さんですが、この子が芸達者。この映画の笑いの要となるキャラっぽいです。要注目です。

1:43~からのシーン、父親のアダムにキティのメイクをしてもらってご機嫌だった彼女。ドリューに「いいパパよ」と薦めてたのに、トイレで鏡に写った自分の姿を見て「悪いパパよ!これじゃあ「ウォーキング・デッド」みたいじゃない!」と泣いてるのがすごく面白くて可愛いですね(笑)

続けて1:53~の、アダム・サンドラー一家の長女役、TVドラマ「シェキラ!」で人気のベラ・ソーンが、ドリューの指南でイケてる格好に変身して登場するシーン。ここが素晴らしくいいです。

登場をスローモーションで見せてBGMはヒット曲という、キューティー映画お約束のシーンなんですが、この時ベラの変身ぶりを見てる人たちそれぞれのカットで、気持ちを代弁する音楽に切り替わるという音楽演出がとても面白い!

まずは変身を指南したドリュー・バリモアの満足気なカットで、チャカ・カーンの「I’m Every Woman」
https://youtu.be/OTgKscVa7-A
次にベラが気になる男の子役ザック・アンリがベラにときめいているカットで、ボーイズIIメンの「I’ll Make Love To You」

そして最後に父親であるアダム・サンドラーのカットで、R.E.M.の「It’s The End Of The World」(笑)

ドリュー・バリモアもアダム・サンドラーも選曲センスが素晴らしいのですが(2人とも選曲に関して積極的に関与してます)、これまで共演したキューティー映画でも『ウェディング・シンガー』では懐かしの80’sを使用し、『50回目のファースト・キス』では80’sをレゲエアレンジのカヴァで使用。今回はどんな楽曲を聞かせてくれるのかも楽しみの1つです。