Home 海外NEWS ブレイク・ライヴリー、インタビューで『旅するジーンズと16歳の夏』第3弾について語る

ブレイク・ライヴリー、インタビューで『旅するジーンズと16歳の夏』第3弾について語る

ブレイク・ライヴリー、インタビューで『旅するジーンズと16歳の夏』第3弾について語る
0

『ロング・バケーション』がヒット中のブレイク・ライヴリーが、自身が注目されるきっかけとなった出生作『旅するジーンズと16歳の夏』、『旅するジーンズと19歳の旅立ち』の映画第3弾に関して、かなり前向きな発言をしています。オリジナルキャスト4人が集まっている最新写真やインタビュー映像をご紹介。


大人気YA小説「トラベリング・パンツ」シリーズを映画化した、キューティー映画の傑作『旅するジーンズと16歳の夏』(2005)と続編の『旅するジーンズと19歳の旅立ち』(2008)、その原作3作目で完結編となる「Sisterhood Everlasting (邦題:ジーンズ・フォーエバー―トラベリング・パンツ)」は2年ほど前に映画化に向けての企画開発が報じられました。

大人気YA小説「トラベリング・パンツ」シリーズを映画化したキューティー映画の傑作『旅するジーンズと16歳の夏』と続編の『旅するジーンズと19歳の旅立ち』。今回その完結編「Sisterhood Everlasting (邦題:ジ...

その後、メインキャストたちがたびたび、映画第3弾を希望している発言をしています。

そして今回、4人の中では一番スターとなったブレイク・ライヴリーが3作目の可能性を示唆しました。

彼女はインタビューの中で、今、第3弾をするにはいいタイミングであること、メインキャストを演じたアメリカ・フェレーラ(「アグリー・ベティ」)、アレクシス・ブレデル(『恋する履歴書』)、アンバー・タンブリン(『呪怨 パンデミック』)とは今でも仲がいいことなどを語っています。

確かに今でも4人の誰かと誰かが会って…という写真がネットによくアップされています。
こちらはつい先日アップされた4人が一緒にいる写真です。

こちらが第3弾を示唆した発言をしているインタビュー映像です。途中、「Glee/グリー」を見たことがないことが語られます。そしてブレイク本人の高校時代のグリー部で歌っている貴重な映像が出てきます。その他、英語がわからなくてもキューティー映画ファンなら楽しい映像が盛り沢山出てきますよ。

もし第3弾が映画化された場合は、オリジナルキャストが再々集結することが確実となりました。
ブレイクは4人の中でも一番若く、1作目出演時は16歳で現在28歳。他の3人は現在アメリカ・フェレーラ32歳、アレクシス・ブレデル34歳、アンバー・タンブリン33歳と、今制作すると、1作目、2作目のティーンの頃から成長した4人と出会えそうです。