1. Home
  2. 海外NEWS
  3. ディズニー実写版『美女と野獣』、城の住人たちの人間の時の姿が公開!

ディズニー実写版『美女と野獣』、城の住人たちの人間の時の姿が公開!

ディズニー実写版『美女と野獣』、城の住人たちの人間の時の姿が公開!
0

全米公開3月17日、日本公開4月21日の、エマ・ワトソン主演ディズニー実写版『美女と野獣』には呪いがかけられて食器や時計などになったお城の住人たちが登場します。そのキャスティングがエマ・ワトソン、ユアン・マクレガー、スタンリー・トゥッチなど豪華絢爛ですが、その人間姿が集合したパネルが、アメリカの映画館に飾られています。


ベル:エマ・ワトソン、野獣:ダン・スティーブンス、ガストン:ルーク・エヴァンス、ガストンの手下ル・フウ:ジョシュ・ギャッド、ベルの父親モーリス:ケヴィン・クラインというキャストの他に、お城の住人たちとして
ポット夫人:エマ・トンプソン、時計の執事ゴグズワース:イアン・マッケラン、城のメイド、フェザーダスター:ググ・ンバータ=ロー、ロウソクのルミエール:ユアン・マクレガー、グランドピアノのカデンツァ:スタンリー・トゥッチなどがCGで姿を変えて登場します。

しかし、どうも本編で住民たちが人間の時の姿で歌い踊る新曲「Days in the Sun」のシーンがあるようで、その姿を集めたパネルがアメリカの映画館に展示されています。

エマ・ワトソン主演、ディズニーアニメの実写版『美女と野獣』のポスターが公開されました。また実写版で使われる新曲についての情報も出てきています。実写版『美女と野獣』では、アラン・メンケンによる3曲の新曲が披露される予定です。まず1曲目が、エマ・ワトソン演じるベルと、ケヴィン・クライン演じるベルの父親モーリスによる「Our Song Lives On」と呼ばれる曲です。この曲は映画の冒頭を飾ると同時に、エンドタイトルでも使われる可能性のある歌と言われています。2曲目「For Evermore」はダン・スティーブンス演じる野獣が...


このパネルをわざわざ映像化してくれているものがありました。
各人がアップになって役名と俳優名も出るので、とてもわかりやすいです。