Home 海外NEWS インディペンデント映画『Beatriz at Dinner』でサルマ・ハエックがヒロインに

インディペンデント映画『Beatriz at Dinner』でサルマ・ハエックがヒロインに

インディペンデント映画『Beatriz at Dinner』でサルマ・ハエックがヒロインに
0

場違いな晩餐会に出ることになってしまったヒロインを描く『Beatriz at Dinner』でサルマ・ハエックがヒロインを演じることがわかりました。クロエ・セヴィニーが共演します。


『Beatriz at Dinner』は、仕事に追われている女性開業医のヒロインが、車が故障したことで裕福な家の場違いな晩餐会に参加することになってしまい…というお話です。

ヒロインをサルマ・ハエック(『フリーダ』)が演じるほか、クロエ・セヴィニー(『メリンダとメリンダ』)、ジェイ・デュプラス、ニナ・アリアンダ、コニー・ブリットン、ジョン・リスゴーらが出演します。

監督・脚本は『グッド・ガール』ミゲル・アルテタ、共同脚本に『スクール・オブ・ロック』『グッド・ガール』マイク・ホワイト。

『キャロル』の製作会社などが参加するインディペンデント映画で、完成後映画祭などを回り配給を決めるものと思われます。