Home 海外NEWS 若手女優脚本による、男を巡る女の子2人の学園コメディ『Banana Split』

若手女優脚本による、男を巡る女の子2人の学園コメディ『Banana Split』

若手女優脚本による、男を巡る女の子2人の学園コメディ『Banana Split』
0

若手女優ハンナ・マークスが主演・脚本、男を巡って争いながらも友情を深める女の子2人を描く学園コメディ『Banana Split』の撮影がスタートしました。


『Banana Split』は1人の男の子を巡って争いながらも友情を深めていく女子高生2人のお話です。

ハンナ・マークス(「ダニーのサクセス・セラピー」『ランナウェイズ』)とリアナ・リベラト(『かけがえのない人』)がダブルヒロイン。ディラン・スプラウス(「スイート・ライフ」)が2人が取り合う男子役です。

その他にジェイコブ・バタロン(『スパイダーマン:ホームカミングス』)、ジェシカ・ヘクト、アディソン・リーケらが出演。
監督は、『彼女はパートタイムトラベラー』『ラブ・トライアングル』のカメラマンだったベンジャミン・カサルキー。本作が初監督作品となります。

ハンナ・マークスはこれまで短編の脚本は書いていましたが長編は初です。24歳の彼女はファッションセンスから結構トリッキーな感じの人のようです。そんな若手女優が、アートに走らず学園コメディの脚本を書くというのはなかなか興味深いです。

ニューヨークで撮影が始まった本作はインディペンデント映画なので、完成後映画祭などを回るものと思われます。