Home 海外NEWS ディズニーTV映画『Bad Hair Day』、キッズ向けで今年最高の視聴数を獲得!アプリ先行配信が視聴者拡大に

ディズニーTV映画『Bad Hair Day』、キッズ向けで今年最高の視聴数を獲得!アプリ先行配信が視聴者拡大に

ディズニーTV映画『Bad Hair Day』、キッズ向けで今年最高の視聴数を獲得!アプリ先行配信が視聴者拡大に
0

bad-hair-day-us-rating_00現地時間2月13日にディズニーチャンネルで、「オースティン&アリー」のローラ・マラノ主演のキューティーTV映画『Bad Hair Day』が放送されました。専用チャンネルで放映されたキッズ向けとしては今年最高となる400万人の視聴数を獲得。アプリでの先行配信が視聴数拡大に貢献しました。


共演はTVドラマ「グッドラック・チャーリー」でお母さん役を演じているリー・アリン・ベイカー。

ヒロイン(ローラ・マラ)はプロムクイーン候補の女の子。いよいよプロム当日、その日に限って髪はまとまらない、ドレスは破れるなど全くいいことなし。しかもFBI捜査官(リー・アリン・ベイカー)と紛失したネックレスを探すはめになり…という、ドタバタ・キューティー映画です。

2歳〜11歳までのキッズ層で200万人、6歳〜11歳までのキッズ層で160万人、9歳〜14歳までのトゥイーンズ層で140万人が視聴したというデータが出ています。総視聴数は約400万人。
これはアメリカでの専用チャンネルでのキッズ向けとしては今年最高の視聴数となっています。

この視聴数を取るためディズニーチャンネルが行ったのは、専用アプリでの先行配信です。TV放映前の2月6日から配信は行われていました。そしてそのアプリからディズニー・チャンネルへ43.5万人を誘導しています。

しかも面白いのが、その専用アプリがディズニー・チャンネルだけではなく、ディズニーXDのアプリでも行われたということです。
ディズニーXDは、元々男の子をメインターゲットとして開設したチャンネルです。そのディズニーXDでキューティーTV映画が配信され、
視聴数拡大に貢献しています。(残念ながら日本からは見れません)

アプリを使って、スマフォやタブレットから先行配信を視聴することが出来、しかもちゃんとテレビ視聴に誘導しているという多ツールと多メディアを上手く使った戦略は、今後キッズやトゥイーン向けのディズニーのTV映画やドラマでは当たり前になってくるんでしょうね。