1. Home
  2. 海外NEWS
  3. タイで大ヒットした、カンニング映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(9/22公開)ボリウッドでリメイク

タイで大ヒットした、カンニング映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(9/22公開)ボリウッドでリメイク

タイで大ヒットした、カンニング映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(9/22公開)ボリウッドでリメイク
0

去年タイで大ヒットした、女子高生を中心に、学生たちが世界をまたにかけてカンニングをする様を描いた『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(9月22日日本公開)が、ボリウッドでリメイクされます。


名門校に通う成績優秀な女子高生リン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)は、ひょんなことからカンニングの手伝いをすることになり、それが仲間を伴ってビジネスとなっていきます。そして彼女たちは、アメリカの大学に留学するため、世界各国で同一日に行われる大学統一入試”STIC”のカンニングを狙います。同一日に実施される試験ですがオーストラリアが最初にスタートすることを知った彼らは、まずオーストラリアでリンたちが試験を受け、その回答を会場からリアルタイムに流すということを思いつきます…

実際に中国で起こった事件を元にしたこのタイ映画は、アメリカで映像制作を学んできたナタウット・プーンピリヤが監督・脚本を担当。2017年にタイで公開され大ヒットを記録しました。その後アジア各国でも公開され、中国・香港・台湾・ベトナム・マレーシア・ブルネイ・マカオ・フィリピンではタイ映画史上歴代1位を記録しており、特に映画のネタ元となった中国では大ヒットを記録。この作品をきっかけに中国ではタイ映画が注目されるようになっています。

予告編を見ても、かなりスタイリッシュですね。見せ方もアメリカ映画的です。ちょっとした小物の使い方がキューティー映画っぽくて良いです。

これをボリウッドがリメイクします。リメイクには犯罪サスペンス映画が多いニーラジ・パンディが製作総指揮に入るようです。監督はまだ決まっていません。