Home 海外NEWS シャーリーズ・セロン主演『アトミック・ブロンド』80’sソング+劇中映像第3弾

シャーリーズ・セロン主演『アトミック・ブロンド』80’sソング+劇中映像第3弾

シャーリーズ・セロン主演『アトミック・ブロンド』80’sソング+劇中映像第3弾
0

シャーリーズ・セロンのハードなアクション満載、グラフィックノベル原作の英国スパイ・アクション映画『アトミック・ブロンド』は、公開を前に劇中のアクションシーンを80’sソングの曲名をタイトルに紹介しています。その第3弾が公開されました。


『アトミック・ブロンド』はベルリンの壁崩壊前の1989年、ドイツ・ベルリンが舞台。英国諜報機関MI6の女スパイ、ロレイン・ブラフトン(シャーリーズ・セロン)の活躍を描く、アントニー・ジョンストンのグラフィックノベル「The Coldest City」が原作のスパイ・アクション映画です。

共演はジェームズ・マカヴォイ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ、ソフィア・ブテラ。
監督は『ジョン・ウィック』デヴィッド・リーチ。脚本は『300<スリーハンドレッド>』カート・ジョンスタッド。

本作は映画宣伝として、劇中で使用している80’sソングをタイトルに、その曲が使われているアクションシーンの映像を紹介しています。これまで2本公開され、今回は第3弾となります。

シャーリーズ・セロンのセクシー&ハードなアクション満載、グラフィックノベル原作の英国スパイ・アクション映画『Atomic Blonde』より、劇中で使われているジョージ・マイケルやRe-Flexの80'sをタイトルに...

『アトミック・ブロンド』の全米公開は7月28日、日本公開は10月20日です。

Chapter 3: Major Tom


今回映像に流れる、タイトルにもなっているのはドイツ出身のテクノ・ポップ、ピーター・シリングが1983年に発表した「メイジャー・トム」。
これは、デビッド・ボウイが1969年にリリースした「スペース・オデティ」の歌詞に登場するボウイが生み出したキャラクター、宇宙飛行士のトム少佐のことで、「スペース・オデティ」で宇宙に旅立ったトム少佐が地球に帰ってくる様子を描いた2次創作の続編となっています。

こちらはデヴィッド・ボウイの「スペース・オデティ」です。