Home 海外NEWS ナット・ウルフ&ミッキー・ローク共演の青春映画『Ashby』予告編

ナット・ウルフ&ミッキー・ローク共演の青春映画『Ashby』予告編

ナット・ウルフ&ミッキー・ローク共演の青春映画『Ashby』予告編
0

ashby-trailer_00『アドミッション -親たちの入学試験-』で天才青年、『きっと、星のせいじゃない。』で主人公たちの盲目の友人を演じ、夏に全米公開された期待のYA小説原作『Paper Towns』で主人公を演じたナット・ウルフが主演、ミッキー・ロークがワケありのお隣さんを演じる青春映画『Ashby』の予告編が公開されました。


『Ashby』は新しい高校に転校してきたばかりでいじめられっ子の主人公(ナット・ウルフ)が、学校の課題で年長者にインタビューすることになり、お隣の怪しいおじさん(ミッキー・ローク)と出会い、徐々にそのおじさんと打ち解け、彼から色々なことを学んでいきます。しかしおじさんは元CIAの暗殺者だった…というお話です。

ナット・ウルフとミッキー・ロークを中心に、ヒロイン役にエマ・ロバーツ、主人公の母親役にサラ・シルバーマン。
監督・脚本は主にTVドラマの脚本を手がけていたトニー・マクナマラ。

ナット・ウルフ演じる主人公は母子家庭という設定です。それが男らしいミッキー・ロークと交流することで父子の関係が築かれ、主人公が徐々に男として成長していく…という流れになっているようで、それを青春コメディ映画のテイストで描いているのがいいです。

ミッキー・ロークがとてもいい味を出しています。かっこよさ、タフさで売ってきた彼だからこそ、ちょっとコミカルで優しい男性を演じると嫌味のない艶が出ます。エマ・ロバーツのオタク・メガネっ娘高校生役も注目です。彼女は背が低いことから高校生役が多く、まだまだ全然いけるのですが、さすがにもうそろそろ高校生役は終わりでしょうね(笑)
『Ashby』全米映画公開・配信は同日で9月25日です。