1. Home
  2. 海外NEWS
  3. 『アラジン』続編製作決定。ガイ・リッチー監督再び。さらにスピンオフも

『アラジン』続編製作決定。ガイ・リッチー監督再び。さらにスピンオフも

『アラジン』続編製作決定。ガイ・リッチー監督再び。さらにスピンオフも
0

2019年に公開され日米共に大ヒットした実写版『アラジン』の続編の製作が正式に決定しました。さらにスピンオフ作品も計画されています。


監督は再びガイ・リッチーが予定されています。
ミーナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミスも当然再登場でしょう。

ディズニー実写版『アラジン』が日本を除く全世界で現地時間2019年5月24日から公開され、週末の全米興行成績1位の大ヒットスタートとなりました。『アラジン』は、最初に発表されたウィル・スミス扮するジニーの姿が魔人っぽくなく見えたため、ウィル・スミスの不評と相まってネットで酷評となっていました。試写の評論家の評価も高くなく、これまでディズニー実写映画化は全て成功していたのに『ダンボ』が期待ほどの成績ではなかったことや、マーベル映画の総決算とも言える『アベンジャーズ:エンドゲーム』公開中ということもあっ...

続編の脚本を『ストレイト・アウタ・コンプトン』アンドレア・バーロフと『パワーレンジャー』『フライト』ジョン・ゲイティンズが執筆。現在脚本開発中です。

アンドレア・バーロフはメリッサ・マッカーシー、ティファニー・ハディッシュ、エリザベス・モス共演、ギャングの3人の妻たちの活躍を描いた『The Kitchen』で監督デビューもしています。彼女の関わった作品はどれもハードなイメージです。

メリッサ・マッカーシー、ティファニー・ハディッシュ、エリザベス・モス共演、ギャングの3人の妻たちの活躍を描いたアメコミ原作『The Kitchen』の予告編が公開されました。1970年代、ニューヨークで最も危険な場所と呼ばれてた通称「ヘルズ・キッチン」が舞台。警察によって捕らえられたギャングの旦那達に代わってその稼業を引き継ぎ、さらに夫たちより過激に犯罪を犯す3人のマフィアの妻たちが活躍するという、ニューヨーク版「極妻」なお話です。共演はドーナル・グリーソン、コモン、ジェームズ・バッジ・デール、ブライアン・ダ...

一方、ジョン・ゲイティンズは青春映画や群集劇が得意な印象。
あまり作風をハードな方向に持っていってほしくないですね。某ムー○ンのように。

これに連動する形で、ビリー・マグヌッセンが演じたジャスミンの許嫁だったアンダース王子を主人公にしたスピンオフ作品をディズニー+用作品として準備中です。こちらはキャラクターの感じからコメディになるんでしょうね。

いずれにせよ、『アラジン』の成功は「歌」です。前作はアニメーション映画で有名な曲以外にも新曲が披露され好評でした。続編はどのような曲が歌われるか楽しみですね。