Home 海外NEWS 女子高生と女の子の幽霊が仲良くなって…グラフィックノベル原作『Anya’s Ghost』映画化、監督決定

女子高生と女の子の幽霊が仲良くなって…グラフィックノベル原作『Anya’s Ghost』映画化、監督決定

女子高生と女の子の幽霊が仲良くなって…グラフィックノベル原作『Anya’s Ghost』映画化、監督決定
0

ヒロインの女子高生が、落ちた井戸にいた女の子の幽霊と友だちになって…というグラフィックノベル原作『Anya’s Ghost』の映画化企画が進められていますが、監督が決定しました。


16歳のロシア系アメリカ人、アーニャはある日井戸に落ちてしまいます。その時、井戸にいた少女の幽霊エミリーと出会います。2人は仲良しになりますが、エミリーの過去を調べていくうちに、とんでもないことがわかって、アーニャとエミリーの関係も変化していく…というお話です。

原作はモスクワ生まれアメリカ育ちの女流作家ヴェラ・ブロスゴルが2011年に発表したグラフィック・ノベルです。アイズナー漫画業界賞、ハーヴェイ賞というアメリカンコミック界の2大賞を受賞しています。

Anya's Ghost 洋書

価格¥2,470

順位203,450位

Brosgol, Vera

発行Square Fish

発売日14.03.25

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


脚本は、自身の著作シリーズ『Chaos Walking(原作邦題:心のナイフ)』の映画化が進んでいる、作家のパトリック・ネス。
デイジー・リドリーとトム・ホランド共演、SF系YA小説の映画化『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』に、ニック・ジョナス、マッツ・ミケルセンらが出演することがわかりました。人類がたどり着き定住した惑...

監督は、脚本家出身でジェイソン・ベイトマン、ジェニファー・アニストン、ケイト・マッキノンらが出演した『クレイジー・パーティー』や『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の共同脚本、ロバート・デ・ニーロ&ザック・エフロン共演『ダーティ・グランパ』監督のダン・メイザー。彼は本作で監督3本目となります。

早ければ、今年の終わりから制作がスタートします。