Home 海外NEWS 『アニー』全米公開が2014年12月19日に決定!新しいアニーの姿も公開

『アニー』全米公開が2014年12月19日に決定!新しいアニーの姿も公開

『アニー』全米公開が2014年12月19日に決定!新しいアニーの姿も公開
2

annie-opening-2014-dec_00ウィル・スミス、ジェイZらがプロデュース、主演のアニー役に最年少アカデミー主演女優賞候補になったクヮヴェンジャネ・ウォレスという、主なキャラクターを黒人に設定したミュージカル映画『アニー』の全米公開日が2014年12月19日に設定されました。


2014年、年末、ミュージカル映画、といえば、ディズニーの超豪華キャストによるミュージカル映画『Into the Woods』が12月25日公開。
2014年の年末は、有名ミュージカル映画化対決となります。

ディズニーの『Into The Woods』は原作も話題ですし、キャスティングも超豪華なだけでなく、みなミュージカル出演に実績のある人ばかり。
ディズニーのファンタジー・ミュージカル映画『Into The Woods』豪華キャスト発表!

ファンタジーでミュージカルはディズニー映画のお家芸ですから、相当力を入れてくると思います。
この映画の不安要素は監督のロブ・マーシャルです。ロブ・マーシャルはミュージカル監督としてとても有名で実績もありますが、若者にとってはスタイルが古く、近年監督したミュージカル映画はヒットしていません。

一方『アニー』は元々ウィル・スミスが自分の娘をヒロインにするために、主要な人物を黒人に設定するという、親バカ企画でしたが、最終的にはアニー役はクヮヴェンジャネ・ウォレスとなり、ジェイミー・フォックス、キャメロン・ディアスなどが出演し、まともな?体裁に。
プロデュースをウィル・スミスとジェイZが務めますから、音楽面は豪華になることが予想されます。

さらに黒人ミュージカル映画なのですが、元々脚本はエマ・トンプソンが書いたものを『ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)』『恋とニュースのつくり方』『幸せになるための27のドレス』『プラダを着た悪魔』とキューティー映画には欠かせないアライン・ブロッシュ・マッケンナがリライトしたもので、監督は『ステイ・フレンズ』『小悪魔はなぜモテる?!』と最近のキューティー映画ではとにかく質の高い作品を連発しているウィル・グラック監督という、制作スタッフが白人というところが実に今風。
黒人映画だからスタッフ含めて全て黒人で固めるのではなく、人種に関係なく適材適所、フレキシブルな布陣が組まれています。

そしてこの『音楽』『脚本』『監督』が、今、若者に受けるキューティー映画としては完璧な布陣になっています。

つい先日『アニー』の撮影風景が公開されました。子供用ロードバイクに乗るアニーという写真から、予想以上にかなり今風なテイストになりそうです。
annie-opening-2014-dec_01
ディズニーの『Into The Wood』が「新しいミュージカル」を「クラシカルなミュージカル映画」に仕上げて、『アニー』が「古典的なミュージカル」を「新しいミュージカル映画」に仕上げると、同じミュージカル映画でも上手くすみ分け出来てそれぞれヒットするかも。
2014年(日本は2015年でしょうか?)年末は要注目です。