Home 海外NEWS 「赤毛のアン」、「ブレイキング・バッド」脚本家モイラ・ウォリー=ベケットによりTVドラマ化

「赤毛のアン」、「ブレイキング・バッド」脚本家モイラ・ウォリー=ベケットによりTVドラマ化

「赤毛のアン」、「ブレイキング・バッド」脚本家モイラ・ウォリー=ベケットによりTVドラマ化
0

カナダの女流作家ルーシー・モード・モンゴメリの有名な小説「赤毛のアン」が、「ブレイキング・バッド」の女流脚本家モイラ・ウォリー=ベケットによって、新たにTVシリーズ「Anne」としてカナダで制作されます。


カナダのプリンスエドワード島の田舎に住む子供のいない老いた兄妹マシューとマリラが、働き手を得るために孤児院から男の子をもらおうとしたものの、手違いでやってきたのはそばかすに赤い髪の女の子のアンでした。アンはマシューとマリラが住む家グリーンゲイブルズにもらわれ、様々な事件を引き起こしながら成長していく…というお話です。
その後アンの成長とともに原作はシリーズ化され、大学生活、就職、結婚、新婚生活、子育てなどがユーモアたっぷりに綴られていきます。

今回のドラマ化ではモイラ・ウォリー=ベケットはプロデューサーと脚本で参加します。プロデューサーのデブラ・ヘイワード、アリソン・オーウェン、監督のタラ・エリスとメインスタッフは全て女性です。全8話を予定。今回のドラマでは原作をなぞりつつも、オリジナルのエピソードを追加していくそうです。
この春から撮影が開始され、来年2017年カナダのCBCで放送される予定です。

「赤毛のアン」はこれまで色々と映像化されています。日本で有名なのはCBSがTV映画として制作し、日本ではダイジェスト版が劇場公開された『赤毛のアン』(1985年)『続・赤毛のアン/アンの青春』(1988年)『赤毛のアン/アンの結婚』(2000年)の3部作でしょうか。

そして高畑勲監督のTVアニメシリーズ「赤毛のアン」。世界中で原作1作目「赤毛のアン」の映像化の最高峰はこのアニメ版です。断言します。誰もが認める傑作です。未見の人は人生を損しています。現在ネットフリックスでも配信中です。
ネットフリックス:赤毛のアン

AWS Access Key ID: AKIAJ4DRULXXDBTKPFRQ. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.


AWS Access Key ID: AKIAJ4DRULXXDBTKPFRQ. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.