Home 海外NEWS アン・ハサウェイ『プリティ・プリンセス』名シーンの撮影エピソードを語る

アン・ハサウェイ『プリティ・プリンセス』名シーンの撮影エピソードを語る

アン・ハサウェイ『プリティ・プリンセス』名シーンの撮影エピソードを語る
0

現地時間2020年5月12日、米ABCにて、『プリティ・ウーマン』『プリティ・プリンセス』などキューティー映画の巨匠で2016年に亡くなったゲイリー・マーシャル監督を追悼する番組「The Happy Days Of Garry Marshall」が放映されました。
アン・ハサウェイが『プリティ・プリンセス』での撮影エピソードを語っています。そしてそのインタビューで、劇中屈指の名シーンの秘密が解決されたのです!


2001年8月3日に全米公開された、地味な女子高生が実はヨーロッパの小国の王女様だった…という『プリティ・プリンセス』は、ヒロインを演じた映画初出演のアン・ハサウェイを一躍スターにしました。(日本での初公開は2002年1月26日)。


この映画でのサンフランシスコに住む女子高生ミアを演じているアン・ハサウェイはとってもキュート。
その中でも一番素晴らしいのは、アン・ハサウェイ演じるミアが、ヘザー・マタラッツォ演じる親友リリーと学校の屋上で話すシーン。
アン・ハサウェイが足を滑らして尻もちをついて、大笑いするという描写があるのですが、ここが演出&演技だったのか、ハプニングだったのか、前からずっと気になっていました。

当サイトでは2016年の『プリティ・プリンセス』15周年の記事のときにもこのシーンのことを書いています。

アン・ハサウェイ主演『プリティ・プリンセス』は2001年8月3日に全米公開されました(日本での初公開は2002年1月26日)。現地時間では今日が公開15周年となります。アン・ハサウェイは自身のインスタグラムに、15...

今回、アン・ハサウェイが番組のインタビューで、『プリティ・プリンセス』での撮影の思い出を語っているのですが、まさにこのシーンのことを語っていました!

撮影当日のサンフランシスコは雨。雨が止んだ合間に急いで撮影を行いました。
撮影されたのは、学校の屋上にあるベンチを、ミアとリリーが互いに登ったり降りたりしながら会話するシーン。

ここはミアとリリーの動きが、並ばずに互いに逆にならないといけません。それがミアとリリーの立場の違いや関係を描いているわけです。

撮影中、アン・ハサウェイは、ベンチを登ったとき、ヘザー・マタラッツォが登ってくるのがわかりました。急いで降りないと2人はベンチの上で並んでしまいます。
そこで急いで降りようとターンした時、アン・ハサウェイは足を滑らせてドスンと尻もちをついてしまいました。
思わず素で大笑いするアン・ハサウェイ。

アン・ハサウェイのインタビューによると、ここは演技ではなくアクシデントだったんですね。NGシーンになりうるショットです。それをゲイリー・マーシャルが採用して劇中に活かしたと。

やっと、『プリティ・プリンセス』屈指の名シーンの秘密が解明されました!
このシーン、ホント良いんですよ。インタビュー中に本編映像も出ます。さらにインタビューの最後には本編で使われなかったショットも。これがまた可愛くていいです(笑)