Home 海外NEWS 『アナスタシア』2017年、ブロードウェイ・ミュージカルに

『アナスタシア』2017年、ブロードウェイ・ミュージカルに

『アナスタシア』2017年、ブロードウェイ・ミュージカルに
0

1997年に公開された、記憶喪失の娘が実は二月革命の際に17歳で殺害されたロシア皇帝ニコライ2世の末娘アナスタシア皇女ではないか?というアニメ映画『アナスタシア』が2017年ブロードウェイ・ミュージカルになります。


20世紀FOX初製作のアニメ映画で、ディズニー出身の名アニメーター、ドン・ブルース監督を起用した、手描きミュージカル・アニメ映画『アナスタシア』。

17世紀ロシア、ロマノフ王朝、皇女アナスタシアは祖母からペンダントをもらって大喜び。彼女は宮殿で幸せな日々を送っていましたが、邪悪な魔法使いラスプーチンが皇帝一家にかけた呪いによりロシア革命が勃発し、アナスタシアは消息を絶ちます。
10年後、記憶喪失で孤児院で暮らしていたアーニャは、唯一自分の出生の鍵を握るペンダントを手掛かりにパリへ向かうというお話です。アナスタシアの声をメグ・ライアンが、子供の頃のアナスタシアをキルステン・ダンストが演じていました。

不幸にも同じ年に『タイタニック』が公開されてしまったので大ヒットには至りませんでしたが、そのミュージカルシーンは今見ても素晴らしいです。

今回、それがブロードウェイ・ミュージカルになります。
舞台演出はダルコ・トレズニヤック。
オリジナル版を担当したスティーヴン・フラハーティ&リン・アーレンズのコンビによるミュージカル楽曲には新曲も追加される予定です。脚本はテレンス・マクナリー。この3人はミュージカル「ラグタイム」のスタッフでもありました。

2017年4月24日からブロードウェイで上演予定です。

こちらがミュージカル版のキャスト2人、アナスタシア皇女/アーニャ役のクリスティー・アルトメアとディミトリ役デレク・クリーナによる挨拶映像です。