Home 海外NEWS ウディ・アレン新作映画をアマゾンが購入。劇場公開と同時に配信へ

ウディ・アレン新作映画をアマゾンが購入。劇場公開と同時に配信へ

ウディ・アレン新作映画をアマゾンが購入。劇場公開と同時に配信へ
0

クリステン・スチュワート、ジェシー・アイゼンバーグ、ブレイク・ライヴリー、アナ・キャンプ、スティーヴ・カレルらが出演するタイトル未定のウディ・アレン最新作映画をアマゾンが購入しました。この夏劇場公開と同時にアマゾン・プライム会員はネットで視聴することが出来ます(日本公開未定)


今回アマゾンが購入したのは、1940年代(1930年代とも言われてます)が舞台のキューティー映画です。LAとNYでロケが行われ、ウディ・アレンが初のデジタルカメラで撮影した作品としても話題です。不思議な事にこの作品は未だにタイトルが明らかにされていません。

そしてスティーヴ・カレルの役は本来ブルース・ウィルスが演じる予定でした。撮影にも参加していましたが、ブルースが台本を事前に読んでこない、セリフを覚えてこないというのが原因で降ろされています。

ウディ・アレン新作、スティーヴ・カレルが降板したブルース・ウィルスの代役に

アマゾンはウディ・アレン初のTVシリーズも製作します。その関係からアマゾンの今回の映画購入となったようです。

マイリー・サイラス、ウディ・アレンのTVシリーズでエレイン・メイと共演

ウディ・アレンは『ミッドナイト・イン・パリ』(2011)『ブルージャスミン(2013)』で評価・興収ともに好調でしたが、ここ最近は興行成績が下降気味です。最新作であるエマ・ストーンとホアキン・フェニックスが共演した、歳の離れた学生と教授の恋を描いた『Irrational Man』は大ゴケしています。

エマ・ストーン再び。ウディ・アレン51作目『Irrational Man』予告編公開

アマゾンとウディ・アレンは今回をきっかけに今後も共同して作品発表をしていくことになると思われます。自社会員向けの配信作品とせず劇場公開も行っていくというのが、映画館とiTunesムービーの関係をさらに発展したもので、今後の新しい映画公開形式かもしれません。