Home 海外NEWS アジア系コメディ出身者共演キューティー映画『Always Be My Maybe』にキアヌ・リーブス出演

アジア系コメディ出身者共演キューティー映画『Always Be My Maybe』にキアヌ・リーブス出演

アジア系コメディ出身者共演キューティー映画『Always Be My Maybe』にキアヌ・リーブス出演
0

アジア系コメディアンヌのアリ・ウォン(「アリ・ウォンのオメデタ人生?!」)と同じくアジア系コメディアンのランドール・パーク(『クレイジー・パーティー』)が共演する、Netflixキューティー映画『Always Be My Maybe』に、キアヌ・リーブス、ダニエル・デイ・キムらが出演することがわかりました。


サーシャ(アリ・ウォン)とマーカス(ランドール・パーク)は子供時代からの知り合いで昔はお互い好き合っていましたが、大人になって15年来、口も聞いていません。サーシャは今やサンフランシスコで自身のお店を持つ高級シェフ、一方のマーカスは父親の仕事を手伝い実家で暮らす貧乏ミュージシャン。そんな2人が再会し…というお話です。

共演はキアヌ・リーブス、ダニエル・デイ・キムの他に、シャーリン・イー、カラン・ソーニ、ミシェル・ブトー、ジェームズ・サイトウらアジア系俳優たちが出演します。

監督は「フアン家のアメリカ開拓記」企画・総指揮のナーナチカ・カーン。脚本はアリ・ウォン、ランドール・パーク、「GRIMM/グリム」マイケル・ゴラムコ。

今年の8月に全米公開される、華僑のセレブ生活を描く『Crazy Rich Asians』もあり、今後アメリカ製作のアジア系キューティー映画は増えていくと思われます。また、中国やインドなどからも、世界向けのキューティー映画は続々と制作され、公開されていきます。
アジア系キューティー映画がどう展開していくか、要注目です。

コンスタンス・ウー主演、地味で実直な彼氏の実家は実はシンガポールの超お金持ちだった…という、ハリウッドによるオールアジア・キューティー映画『Crazy Rich Asians』の予告編が公開されました。ニューヨーク...

『Always Be My Maybe』は2019年にNetflixで配信予定です。