Home 海外NEWS 『オーシャンズ11』、サンドラ・ブロックを筆頭にオール女性キャストでキューティー映画化!

『オーシャンズ11』、サンドラ・ブロックを筆頭にオール女性キャストでキューティー映画化!

『オーシャンズ11』、サンドラ・ブロックを筆頭にオール女性キャストでキューティー映画化!
0

all-female-oceans-eleven_00『オーシャンズ11』のオール女性キャスト版が制作されます。主演はサンドラ・ブロック。監督は『ハンガー・ゲーム』ゲイリー・ロス。『ゴーストバスターズ』に続いてキューティー映画化です。


キューティー映画版『オーシャンズ11』の噂は2014年に発生した、ソニーのハッキング事件の際に企画としてあがっていることが確認されていました。
今回、サンドラ・ブロック主演で企画が動いているのは、『オーシャンズ11』のプロデューサー兼主演のジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロックがここ最近一緒に仕事をしていることが大きいと思われます。

『ゼロ・グラビティ』での共演に続いて、アメリカで公開が始まったばかりの実話を元にした、ボリビア大統領選挙に雇われたアメリカの広告代理店社員のお話『Our Brand Is Crisis』ではサンドラ・ブロックが主演、ジョージ・クルーニーはプロデュースです。元々実話は男性社員だったので、ジョージ・クルーニーが主演を務める予定でした。

待望のサンドラ・ブロック新作『Our Brand Is Crisis』予告編

さらに『オーシャンズ』シリーズ監督のスティーブン・ソダーバーグは今回の企画の監督ゲイリー・ロスとは旧知の仲です。

脚本をオリヴィア・ミルチが執筆しています。彼女はソニーで『若草物語』の脚本開発もしていました。彼女はプロデューサー、デヴィッド・ミルチの娘です。

『オーシャンズ11』はその後の『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』も含めて、キャスティングが話題となる映画です。
サンドラ・ブロック以外にどんな女優が集結するか楽しみです。
『オーシャンズ11、12』に登場したジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズは再登場するのでしょうか?