Home 海外NEWS アリス・イヴ主演の1934年のハロウィンパーティを描く『Bees Make Honey』

アリス・イヴ主演の1934年のハロウィンパーティを描く『Bees Make Honey』

アリス・イヴ主演の1934年のハロウィンパーティを描く『Bees Make Honey』
0

alice-eve-bees-make-honey_00『セックス・アンド・ザ・シティ2』で、シャーロットの子供を世話するスタイル抜群のアイルランド人乳母、エリンというキャラを覚えているでしょうか?男性陣の目を釘付けにしたこのキャラを演じていたアリス・イヴが主演の映画『Bees Make Honey』が制作されることになりました。


『Bees Make Honey』は1934年の上流階級の人たちのハロウィン・パーティーが舞台です。前年に夫を何者かに殺された未亡人ハニー(アリス・イヴ)がこのパーティーの幹事ですが、彼女はそのパーティーで夫を殺した犯人を探そうと密かに考えていた…というお話です。

両親が俳優のアリス・イヴはヒロインの他、彼女の企画・製作会社Eve&Eve&Eve Productionが製作を担当。
監督・脚本は彼女の弟のジャック・イヴ。
このジャック、これまで長編1本と短編3本の監督・脚本をしていますが、全て父親かお姉さんが主役です(1本は末弟が出演)。つまり家族の七光りの監督業をやっているだけの人です。ちなみにアリス・イヴの会社名「Eve&Eve&Eve」は父と自分と弟という意味です。

唯一の長編映画『Death of a Farmer』は父親のトレヴァー・イヴ主演で、Eve&Eve&Eve Productionの製作で30,000ユーロ(約396万円)で作られています。家族自主映画です・

今回の映画もイギリス産インディペンデント映画ですが、一応『コードネーム U.N.C.L.E.』のプロデューサーなどが製作総指揮に付きます。

アリス・イヴはアメリカ、イギリスの大作からインディペンデント映画まで色々なジャンルの主演作、準主演作の公開が控えています。その中には当然キューティー映画もあります。彼女はキャリアを着実に積みながら、家族で自主映画を作っていくというスタンスのようです。