Home 海外NEWS シェイリーン・ウッドリー主演、海で遭難した女性の実話『Adrift』でマイルズ・テラーと共演か

シェイリーン・ウッドリー主演、海で遭難した女性の実話『Adrift』でマイルズ・テラーと共演か

シェイリーン・ウッドリー主演、海で遭難した女性の実話『Adrift』でマイルズ・テラーと共演か
0

シェイリーン・ウッドリー主演、嵐で船が難破し、漂流の末生き残った女性の実話をもとにした『Adrift』で、共演にマイルズ・テラーの名前があがっています。


『Adrift』は、フィアンセと共に船でタヒチからサンディエゴまでの旅をしていたヒロインが、途中嵐に遭遇し船が難破。重傷となった彼を助けながら、壊れた船で何とか陸地を目指して生き延びようとするサバイバル映画です。

これは1983年、当時23歳のタミ・オールダムという女性の実話がもとになっています。原作は「Red Sky in Mourning: A True Story of Love, Loss, and Survival at Sea」というタイトルで、発表された映画のプロットとは異なります。
実際はタミのフィアンセは嵐の際に船外へ放り出されて行方不明となっており、怪我を負ったタミ1人で41日間を生き抜いてハワイ沿岸にたどり着いています。

Red Sky in Mourning: A True Story of Love, Loss, and Survival at Sea

価格¥2,854

Ashcraft, Tami Oldham, Mcgearhart, Susea

発行Hachette Books

発売日02.06.01

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


監督は『エベレスト 3D』のバルタザール・コルマウクル、脚本はアーロン・カンデル&ジョーダン・カンデル。彼らは双子で『モアナと伝説の海』の原案に関わっています。

シェイリーン・ウッドリーとマイルズ・テラーは、2人の出世作となった青春映画『The Spectacular Now』(未公開)、未完となってしまったYA小説原作SF映画『ダイバージェント』シリーズ以来の共演となります。映画のプロット通りとすれば、怪我をしたフィアンセの男性をケアしながら生き残ろうとする強いヒロインが描かれることになり、シェイリーン・ウッドリーとマイルズ・テラーによって新たな関係のカップル映画、サバイバル映画が作られることになりそうです。