Home 海外NEWS 中断していたアリーヤの伝記TV映画『Aaliyah: Princess of R&B』、アリーヤ役にアレキサンドラ・シップ

中断していたアリーヤの伝記TV映画『Aaliyah: Princess of R&B』、アリーヤ役にアレキサンドラ・シップ

中断していたアリーヤの伝記TV映画『Aaliyah: Princess of R&B』、アリーヤ役にアレキサンドラ・シップ
0

aaliyah-alexandra-shipp_00ホイットニー・ヒューストンの伝記TV映画を制作中のLifetimeで放映される予定の、アリーヤの伝記TV映画『Aaliyah: Princess of R&B』。先日アリーヤ役のゼンデイヤが降板しプロジェクトが中止となっていましたが、23歳の女優アレキサンドラ・シップがアリーヤ役にキャスティングされ制作を再開するようです。


アリーヤの伝記TV映画『Aaliyah: Princess of R&B』、アリーヤ役のゼンデイヤが降板!

R&Bの歌姫、アリーヤの伝記映画が秋に全米で放映。アリーヤ役には「シェキラ!」のゼンデイヤ

アレキサンドラ・シップはニコロデオンを中心にTVドラマなどにチョイ役で出ているくらいで主演経験はありません。ほぼ無名の女優といっていいでしょう。
aaliyah-alexandra-shipp_01
彼女がこれまでに出演したシーンがまとめられた映像があります。

元々ゼンデイヤが降板した時、楽曲の使用権がクリーアーになっていないなど、企画の事務的な段取りに不備が明らかになっています。そして遺族はアリーヤの伝記に関して、もっと著名なスターで大きな予算の映画として作られることを希望するコメントも発表していました。

新人のアレキサンドラ・シップが悪いとは思いませんが、遺族が希望していたことを考慮すると、明らかにゼンデイヤより格は落ちます。
しかもスケジュールは今月から撮影に入り、当初の予定通り秋には放映というタイトなもの。

そうなると、撮影後の処理をするポスト・プロダククション期間(通称:ポスプロ)が明らかにありません。ポスプロが短いということは、映画のリズムを作る編集や、撮影された画がよりリッチに見えるようにする映像加工、今回では特に重要な音作りに時間がかけられないということです。

大丈夫なのでしょうか?