Home 海外NEWS 『The Florida Project』の北米配給権をA24が獲得

『The Florida Project』の北米配給権をA24が獲得

『The Florida Project』の北米配給権をA24が獲得
0

全編iPhoneで撮影され話題となった『タンジェリン』のショーン・ベイカー監督の新作『The Florida Project』が第70回カンヌ映画祭で上映され、北米の配給権をA24が獲得しました。


『The Florida Project』は6歳の女の子ムーニー(ブルックリン・プリンス)のひと夏の経験を描きます。子供が体験する様々なみずみずしさや小さな冒険などを描きつつ、一方で彼女を取り巻く社会の落ちこぼれの親や大人たちのシビアな人生模様も描くお話のようです。

ムーニーたちが泊まるモーテルの主人役にウィリアム・デフォー、ムーニーの若い母親役にブリア・ヴィナイテ(Bria Vinaite)の他、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズらが出演。

全編iPhoneで撮影されて話題となった『タンジェリン』のショーン・ベイカー監督の新作『The Florida Project』の映像が現在開催中の第70回カンヌ映画祭でお披露目されました。『The Florida Project』は6歳の女の...

『The Florida Project』はカンヌ映画祭で上映され、非常に高い評価を受けているようです。さっそく北米の配給権でアマゾンなど多数の配給会社からオファーがありましたが、最終的に当サイトでは良質なキューティー映画の配給で散々話題にしている、2013年からスタートして以来『ルーム ROOM』や『ムーンライト』などで賞レースの常連となりつつある配給会社A24が獲得しました。

A24が配給することで『The Florida Project』の公開は一気に注目される土壌に乗りました。今後の公開日設定を含めて賞レースでも注目です。