1. Home
  2. 海外NEWS
  3. ゼンデイヤ、19世紀アメリカで白人と偽って名門女子大を卒業した実在の黒人女性を演じることに

ゼンデイヤ、19世紀アメリカで白人と偽って名門女子大を卒業した実在の黒人女性を演じることに

ゼンデイヤ、19世紀アメリカで白人と偽って名門女子大を卒業した実在の黒人女性を演じることに
0

ゼンデイヤが、19世紀のアメリカで、白人と偽って名門私立大学を卒業した実在の黒人女性を描く『A White Lie』で、ヒロインを演じることがわかりました。リース・ウィザースプーンもプロデューサーとして参加します。


1897年、アニータ・ヘミングス(アニータ・フローレンス・ヘミングス)はニューヨーク州の名門女子大学ヴァッサー大学を卒業しました。しかし彼女は実は肌の色が薄い黒人でした。見た目はほぼ白人で若干肌が浅黒かった彼女は、黒人差別が当たり前の時代ということもあって自分を「インディアンの血が混じった白人」と偽っていたのです。彼女は大学ではグリー部に所属していました。

下の写真はグリー部の集合写真です。アニータがいます。どこかわかりますか?
向かって右から4人目がアニータです。
アニータは、現在では共学となっているヴァッサー大学初の黒人女性卒業生と認識されています。しかしそれも1997年になってからでした。

女流作家カリン・タナベの伝記小説「The Gilded Years」を原作に、映画はサスペンスタッチのサイコスリラーに仕立てられ、ハーバード大学の男子生徒との恋なども描かれるようです。

The Gilded Years: A Novel (English Edition) Kindleストア

価格¥1,802

順位1,606,698位

Tanabe, Karin

発行Washington Square Press

発売日16.06.07

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


脚本をTVシリーズ「ファーゴ」などを手掛けた女流脚本家のモニカ・ベレツキーが執筆。製作・企画はリース・ウィザースプーンの会社「ハロー・サンシャイン」が行います。そのためプロデューサーにはリース・ウィザースプーンが参加。ゼンデイヤもプロデューサーとしても参加します。