Home 海外NEWS ウィル・ファレル&クリステン・ウィグ共演TV映画「A Deadly Adoption」高視聴数を獲得

ウィル・ファレル&クリステン・ウィグ共演TV映画「A Deadly Adoption」高視聴数を獲得

ウィル・ファレル&クリステン・ウィグ共演TV映画「A Deadly Adoption」高視聴数を獲得
0

a-deadly-adoption-views_00現地時間6月20日(土)夜に放送された、ウィル・ファレル&クリステン・ウィグ共演のサスペンスTV映画「A Deadly Adoption」が、高視聴数を獲得しました。


「A Deadly Adoption」は米ケーブル局Lifetimeの、自社TV映画制作25周年記念作品です。4月1日のエイプリルフールに作品の放送を局が発表。事前に聞いていなかったとして、プロデューサーでもあるウィル・ファレルが放送中止&お蔵入りを決定。それが今月突然放送を告知して、無事予定通り放送されたという経緯があります。
今となってみると、このゴタゴタは巧妙な”炎上”広告と捉えていいと思います。

子供に恵まれない夫婦(ウィル・ファレル&クリステン・ウィグ)が養子縁組のため1人の女性(ジェシカ・ロウンズ)を呼び寄せるものの、その女性が夫を誘惑したり妻を排除しようとしたりして平穏な生活が徐々におかしくなっていく…という、コメディ界の2大俳優を据えながら、意外にもサイコスリラー・タッチのお話です。

あれ?マジでサスペンス?ウィル・ファレル&クリステン・ウィグ共演「A Deadly Adoption」予告編

「A Deadly Adoptionは、この日放映されたケーブルテレビでのTV映画ではトップとなり、今年のLIfetimeが製作した単独TV映画としては最高の平均視聴者数210万人を獲得。そのうち成人層の視聴数ではLIfetime歴代では5位となりました。
延べでは600万人が視聴したようです。