1. Home
  2. 海外NEWS
  3. 『50回目のファースト・キス』メキシコでもリメイク

『50回目のファースト・キス』メキシコでもリメイク

『50回目のファースト・キス』メキシコでもリメイク
0

日本で長澤まさみ&山田孝之の共演でリメイクされることで話題になった、ドリュー・バリモア&アダム・サンドラー『50回目のファースト・キス』(2004)が、『50 Primeras Citas』というタイトルでメキシコでもリメイクされることがわかりました。


メキシコ版はヒメナ・ロモ(Ximena Romo)とヴァドヒル・デルベス(Vadhir Derbez)が共演します。

ヒロイン役のヒメナ・ロモはアメリカでも公開されたメキシコのキューティー映画『Everybody Loves Somebody』に出演しています。

カーラ・ソウザ(「殺人を無罪にする方法」)主演、アメリカで成功しているメキシコ出身の女医が部下を彼氏と偽って家族の結婚式に出席するものの、そこに元カレが現れて…というメキシコ映画『Everybody Loves Somebody』の予告編をご紹介。『Everybody Loves Somebody』ロサンゼルスで産婦人科医として成功しているクララ(カーラ・ソウザ)は家族の結婚式のために故郷メキシコに戻らないといけなくなりますが、仕事一筋のため彼氏もいません。そこで助手の男性(ベン・オトゥール)を彼氏と偽って一緒に帰省することに。しかし結婚式...

相手役のヴァドヒル・デルベスは歌手出身の俳優。ラテン系コメディアン俳優で大人気の大御所エウヘニオ・デルベスの息子です。お父さんのハリウッド進出作『How To Be A Latin Lover』に出演している他、大ヒットを記録しているインド映画『きっと、うまくいく』のメキシコ版リメイク作品に主要キャラクターとして出演しています。今後、アメリカでの活躍も期待されている俳優です。
クリステン・ベルとロブ・ロウが、エウヘニオ・デルベス(『ジャックとジル』)主演のコメディ映画『How To Be A Latin Lover』に出演することがわかりました。『How To Be A Latin Lover』は、パトロンから切られたラテン男性。狭い家には疎遠になっていた妹とその小さい息子が転がり込んできます。ラテン男性は新たなパトロンを探すため奮闘努力する…というお話です。ラテン系俳優のエウヘニオ・デルベス初の英語セリフを話すキャラクターになります。彼は本作のプロデューサーも兼任しています。ロブ・ロウの役は、伝説的なジゴロで...

監督・脚本はマウリシオ・T・ヴァーリ(Mauricio T Valle)。今回長編は3本目ですが、これまでの2作品はいずれもキューティー映画です。
スペイン語で制作される今回のリメイクは、ハワイではなくドミニカ共和国で撮影が行われています。製作にドミニカ共和国の助成金()が入っているようです。

日本版といい今回のメキシコ版といい、『50回目のファースト・キス』の各国ローカライズはソニー・ピクチャーズ・インターナショナルによって進められていますが、なぜ今『50回目のファースト・キス』なのか?気になるところです。