Home 海外NEWS 第40回ゴールデンラズベリー賞ノミネート作品一覧

第40回ゴールデンラズベリー賞ノミネート作品一覧

第40回ゴールデンラズベリー賞ノミネート作品一覧
0

第40回ゴールデン・ラズベリー賞、通称ラジー賞のノミネート一覧です。キューティー映画にとって、この賞に選ばれることは大変名誉なこと。今年はどのような作品が選ばれたのでしょうか?


今年はキューティー映画で『キャッツ』『ザ・ハッスル』。特に『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』のリメイク版『ザ・ハッスル』は主演のアン・ハサウェイとレベル・ウィルソンの2人が選ばれるという快挙。

アン・ハサウェイとレベル・ウィルソンが共演する『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』リメイク『The Hustle』の予告編第2弾が公開されました。セレブを狙う高級女詐欺師のアン・ハサウェイと貧乏でたかり屋...

そして「救世主賞」でジェニファー・ロペス『ハスラーズ』とウィル・スミス『アラジン』が選ばれているのは注目です。90年代のキューティー映画でヒット作を持つ2人が21世紀のキューティー映画を支えたということですね。

しかし今年のラジー賞はお約束のタイラー・ペリー、シルベスター・スタローンが、それぞれ『タイラー・ペリー マデアの家族葬』と『ランボー5/ラスト・ブラッド』で多くの賞にノミネート。そしてリブート版『ヘルボーイ』、『キャッツ』が続く感じです。意外にも『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』はノミネートがありませんでした。

「最低人命軽視と公共物破壊しまくり作品賞(WORST RECKLESS DISREGARD for HUMAN LIFE and PUBLIC PROPERTY)」は1998年第18回以来、久々の復活。ちなみにそのときはニコラス・ケイジ『コン・エアー』が受賞しています。

第40回ゴールデンラズベリー賞ノミネート作品

最低作品賞

『キャッツ』
『The Fanatic』
『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』
『タイラー・ペリー マデアの家族葬』
『ランボー5/ラスト・ブラッド』

最低主演男優賞

ジェームズ・フランコ『Zeroville』
デヴィッド・ハーバー『ヘルボーイ』
マシュー・マコノヒー『セレニティー:平穏の海』
シルベスター・スタローン『ランボー5/ラスト・ブラッド』
ジョン・トラボルタ『The Fanatic』『ワイルド・レース』

最低主演女優賞

ヒラリー・ダフ『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』
アン・ハサウェイ『ザ・ハッスル』『セレニティー:平穏の海』
フランチェスカ・ヘイワード『キャッツ』
タイラー・ペリー(マデア役)『タイラー・ペリー マデアの家族葬』
レベル・ウィルソン『ザ・ハッスル』

最低助演女優賞

ジェシカ・チャスティン『X-MEN:ダーク・フェニックス』
キャシー・デイヴィス『タイラー・ペリー マデアの家族葬』
ジュディ・デンチ『キャッツ』
フェネシュ・ピネダ『ランボー5/ラスト・ブラッド』
レベル・ウィルソン『キャッツ』

最低助演男優賞

ジェームズ・コーデン『キャッツ』
タイラー・ペリー(ジョー役)『タイラー・ペリー マデアの家族葬』
タイラー・ペリー(ヒースローおじ役)『タイラー・ペリー マデアの家族葬』
セル・ローゲン『Zeroville』
ブルース・ウィリス『ミスター・ガラス』

最低スクリーンコンボ賞

半分ネコ・人間の中からどれでも2匹『キャッツ』
ジェイソン・デルーロ&CGによって去勢された彼の股間の膨らみ『キャッツ』
タイラーペリー&タイラー・ペリー(またはタイラー・ペリー)『タイラー・ペリー マデアの家族葬』
シルベスター・スタローン&彼の無力な怒り『ランボー5/ラスト・ブラッド』
ジョン・トラボルタ&彼が受け取ったすべての脚本

最低監督賞

フレッド・ダースト『The Fanatic』
ジェームズ・フランコ『Zeroville』
エイドリアン・グランバーグ『ランボー5/ラスト・ブラッド』
トム・フーパー『キャッツ』
ニール・マーシャル『ヘルボーイ』

最低脚本賞

『キャッツ』
『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』
『ヘルボーイ』
『タイラー・ペリー マデアの家族葬』
『ランボー5/ラスト・ブラッド』

最低リメイク・盗作・続編賞

『X-MEN:ダーク・フェニックス』
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』
『ヘルボーイ』
『タイラー・ペリー マデアの家族葬』
『ランボー5/ラスト・ブラッド』

最低人命軽視と公共物破壊しまくり作品賞

『Dragged Across Concrete』
『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』
『ヘルボーイ』
『ジョーカー』
『ランボー5/ラスト・ブラッド』

救世主賞(Redeemer Award)

エディ・マーフィー『ルディ・レイ・ムーア』
キアヌ・リーヴス『ジョン・ウィック3』『トイ・ストーリー4』
アダム・サンドラー『アンカット・ダイヤモンド』
ジェニファー・ロペス『ハスラーズ』
ウィル・スミス『アラジン』