Home 海外NEWS 第36回ゴールデンラズベリー賞ノミネート作品一覧

第36回ゴールデンラズベリー賞ノミネート作品一覧

第36回ゴールデンラズベリー賞ノミネート作品一覧
0

第36回ゴールデン・ラズベリー賞、通称ラジー賞のノミネート一覧です。キューティー映画にとって、この賞に選ばれることは大変名誉なこと。今年はどのような作品が選ばれたのでしょうか?


今年は全体に”普通”でひねりがなく、各賞に同じ作品がノミネートされているという印象です。常連のアダム・サンドラーは2015年2本主演作がありましたが、特に『ピクセル』が各賞ノミネート対象になっています。

キューティー映画としては『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』『ジュピター』『ベストマン シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間』の3作品が複数でノミネート。

多くの賞にノミネートされている『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』には、元ネタの『トワイライト』サーガが常連&賞独占だったのように今後のシリーズもがんばってほしいところです。続編の脚本家を「内容に介入して現場をかき回す原作者の夫にする」という前代未聞の選定アイディアはラズベリー賞の格好のネタになるはずですが…続編公開後の再来年(先が長いなぁ)に注目です。

主演女優賞にキャサリン・ハイグル『ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪』、ジェニファー・ロペス『ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑』が選ばれています。共にヒロインながらダークな役(ジェニファーの役も生徒に手を出す先生ですし)。
『Our Brand Is Crisis』に主演したサンドラ・ブロックは、実話が元で男性の話だったのを、サンドラ主演のためにわざわざ女性キャラに改変したにも関わらず大ゴケしてしまったので、ラジー賞対象になると思ったのですが残念ながらノミネートに至りませんでした。

第36回ゴールデン・ラズベリー賞の結果発表は2月27日に行われます。

第36回ゴールデンラズベリー賞ノミネート作品

最低作品賞

『ファンタスティック・フォー』
『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
『ジュピター』
『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』
『ピクセル』

最低主演男優賞

ジョニー・デップ 『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』
ジェイミー・ドーナン 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
ケヴィン・ジェームズ 『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』
アダム・サンドラー 『靴職人と魔法のミシン』『ピクセル』
チャニング・テイタム 『ジュピター』

最低助演男優賞

チェヴィー・チェイス 『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2』
ジョシュ・ギャッド 『ピクセル』『ベストマン シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間』
ケヴィン・ジェームズ 『ピクセル』
ジェイソン・リー 『Alvin and the Chipmunks:The Road Chip』
エディ・レッドメイン 『ジュピター』

最低主演女優賞

キャサリン・ハイグル 『ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪』
ダコタ・ジョンソン 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
ミラ・クニス 『ジュピター』
ジェニファー・ロペス 『ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑』
グウィネス・パルトロー 『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』

最低助演女優賞

ケイリー・クオコ 『Alvin and the Chipmunks:The Road Chip』『ベストマン シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間』
ルーニー・マーラ 『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』
ミシェル・モナハン 『ピクセル』
ジュリアン・ムーア 『Seventh Son』
アマンダ・サイフリッド 『クーパー家の晩餐会』『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』

最低リメイク・盗作・続編賞

『Alvin and the Chipmunks:The Road Chip』
『ファンタスティック・フォー』
『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2』
『ムカデ人間3』
『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』

最低スクリーンコンボ賞

ファンタスティック全員 『ファンタスティック・フォー』
ジョニー・デップとのり付けした口ヒゲ 『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』
ジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
ケヴィン・ジェームズとセグウェイ、またはのり付けした口ヒゲ 『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』
アダム・サンドラーと全ての靴 『靴職人と魔法のミシン』

最低監督賞

アンディ・フィックマン監督 『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』
トム・シックス監督 『ムカデ人間3』
サム・テイラー=ジョンソン監督 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 
ジョシュ・トランク監督 『ファンタスティック・フォー』
ラナ・ウォシャウスキー監督&アンディ・ウォシャウスキー監督 『ジュピター』

最低脚本賞

『ファンタスティック・フォー』
『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
『ジュピター』
『モール・コップ ラスベガスも俺が守る!』
『ピクセル』

救世主賞(Redeemer Award)

エリザベス・バンクス 『ムービー43』でラジー作品賞を受賞、2015年多くのヒット作に出演(監督)
M・ナイト・シャマラン監督 万年ラジー賞ノミネート&受賞、そして『ヴィジット』を監督。
ウィル・スミス 『アフター・アース』から『Concussion』に至るまで(Concussionは脳しんとうの意味)
シルヴェスター・スタローン 万年ラジー賞チャンプ、『クリード チャンプを継ぐ男』で賞レースに。