Home 海外NEWS 第27回ヨーロッパ映画賞、ポーランド映画『イーダ』が最優秀作品賞ほか5冠。

第27回ヨーロッパ映画賞、ポーランド映画『イーダ』が最優秀作品賞ほか5冠。

第27回ヨーロッパ映画賞、ポーランド映画『イーダ』が最優秀作品賞ほか5冠。
0

ida-j-release-day_00第27回ヨーロッパ映画賞の結果が発表になりました。夏に日本でも公開された、ポーランドの白黒映画『イーダ』が最優秀作品賞他5冠を受賞しました。


ポーランド映画『イーダ』7月渋谷シアター・イメージーフォーラム〜全国公開

60年代初頭のポーランドを舞台に、孤児として修道院で育てられた少女アンナ(アガタ・チュシェブホフスカ)は、ある日おばのヴァンダ(アガタ・クレシャ)の存在を知らされます。アンナは彼女を訪ねると、男をたらしこんでだらしのないヴァンダからアンナの本名とユダヤ人であることを知らされます。そして2人はアンナの出生の秘密を知るために旅に出ることになります。
ホロコーストと共産主義の大きな波に見舞われた戦後ポーランドを、白黒映画で静かに、情熱的に描いた作品です。後半のアンナの行動はキューティー映画のヒロインといっていいでしょう。

自国ポーランドはもとより、フランス、アメリカなどで公開されヒットし、2013年BFIロンドン映画祭最優秀作品賞、2013年トロント国際映画祭国際批評家連盟賞、2013年ワルシャワ国際映画祭グランプリ、エキュメニカル審査員賞など各賞を次々に受賞しています。
さらにポーランドの2015年のアカデミー賞外国映画賞エントリー作品に選ばれています。

『イーダ』が今回受賞したのは、最優秀作品賞のほか、
最優秀監督賞:パヴェウ・パヴリコフスキ
最優秀脚本賞:パヴェウ・パヴリコフスキ、レベッカ・レンキェヴィチ
最優秀撮影賞:ウカシュ・ジャル、リシャルト・レンチェフスキ
ピープルズ・チョイス賞(観客賞)
の5つです。

受賞は逃しましたが、最優秀主演女優賞にはアガタ・チュシェブホフスカとアガタ・クレシャの2人が揃ってノミネートされていました。『イーダ』圧勝といっていいでしょう。

アメリカでも限定公開で評判も動員も良かったですし、アカデミー外国映画賞が見えてきたような気がします。